주요 기사 바로가기

元KARAホ・ヨンジ「グループ活動中断後、暴食症に」

ⓒ 中央日報日本語版2018.10.29 14:14
0
韓国ガールズグループKARAの元メンバー、ホ・ヨンジがグループ活動中断後、暴食症にかかっていたと告白した。

28日、韓国放送局SBS(ソウル放送)の時事教養番組『SBSスペシャル』はアイドルグループのメンバーを集中的に扱った。

ホ・ヨンジはKARA解散に対して「中間にそのような気配が感じられるものではないか。『もうなくなってしまうんだな』という…。怖いというよりも『どうすべきだろうか』という考えが先に浮かんだ。今の私にできることは何か考えた」と打ち明けた。ホ・ヨンジは「KARAの他のメンバーと一緒にいると守られている感じで何でもできそうだった。でも、私は一人で舞台に立つことができるだろうかと、そんな気がしてものすごく悲しかった」と話した。

引き続き「KARAが終わって少しの間、メンタル崩壊が襲った」とし「暴食症にかかった」と打ち明けた。ホ・ヨンジは「その時、本当に大量の食べ物を口にした。お腹がいっぱいにならない。どんな状態だったかというと、マネジャーと一緒に宿舎生活をしていたときだったが、何か食べないといけないが食べたら怒られるので、雨が降る中で傘もささずにコンビニに走っていき、片っ端からパンや菓子を買って家に帰った。『サクサク』という菓子を食べる音を出してはいけないので、家で口の中で溶かしながら食べた。泣きながら食べた」と告白した。

1994年生まれのホ・ヨンジは17歳のときにアイドル練習生となり、21歳の2014年にKARAのメンバーとしてデビューした。しかし、デビュー後まもなくKARAが事実上解散し、2016年からソロ活動を始めた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    元KARAホ・ヨンジ「グループ活動中断後、暴食症に」

    2018.10.29 14:14
    뉴스 메뉴 보기
    KARAの元メンバーのホ・ヨンジ
    TOP