주요 기사 바로가기

スマホのAIカメラ戦争…サムスンは4つ、LGは5つ搭載

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.10.24 15:03
0
秋のスマートフォン大戦が熱くなっている。観戦ポイントは「カメラ」と「価格」だ。サムスン電子とLGエレクトロニクスはカメラで真っ向勝負をする。

23日にサムスン電子がカメラ4つ(背面3つ+前面1つ)を搭載した「ギャラクシーA7」を韓国国内で発売したのに続き、その翌日の24日にはLGエレクトロニクスが世界で初めてカメラ5つ(背面3つ+前面2つ)を搭載した「V40ThinQ」を発売した。

これら製品はサムスン電子とLGエレクトロニクスがそれぞれ初めてトリプルカメラを適用したスマートフォンだ。サムスン電子はカメラのいくつかの機能のうち深度(焦点が合う部位の空間の深さ)に焦点を合わせて周辺背景をぼかすアウトフォーカシングを強調した。

ギャラクシーA7に標準(2400万画素)、超広角(800万画素)、深度(500万画素)レンズを上から下に並べた。LGは遠方にある撮影対象を画質の損傷なく近くで撮るズーム(望遠)機能を強調した。V40ThinQに標準(1200万画素)、超広角(1600万画素)レンズと共に、一般レンズより2倍ズームできる望遠(1200万画素)レンズを搭載した。

両製品ともにカメラに人工知能(AI)が適用され、人物・動物・飲食品など対象別にフィルターや照明、明るさなどが自動で最適に調節される。カメラを活用する機能はV40ThinQの方が少し多い。シャッターを1回押せば動く写真を作成できる「トリプルショット」や「フラッシュジャンプカット」、部分的に動く写真を作成できる「マジックフォト」、顔を部位別に認識して化粧したような効果を出せる「メーキャッププロ」などがある。

29日に韓国国内で発売されるシャオミの「Pocophone F1」はカメラ性能ではこれらの製品に及ばない。背面にデュアル(1200万画素+500万画素)カメラ、前面にシングル(2000万画素)カメラが搭載され、カメラに人工知能が適用された。

価格競争ではPocophone F1が最もリードしている。国内出荷価格は42万9000ウォン(約4万2900円)と予想される。ギャラクシーA7はこれよりやや高い49万9400ウォン。LGのプレミアム製品V40ThinQは104万9400ウォンだ。

メモリーやディスプレーのスペックは価格が最も高いV40ThinQが優れている。内蔵メモリーだけで128GBにのぼり、OLEDフルビジョンディスプレーが適用された。ギャラクシーA7は64GBメモリーにFHD+スーパーAMOLEDディスプレーが搭載された。バッテリーの容量は両製品とも330mAh。

価格が安いPocophone F1のディスプレーは有機発光ダイオード(OLED)でなく液晶表示装置(LCD)だが、駆動速度などに関連するチップセット水準は高い。V40ThinQと同じクアルコムSnapdragon845が搭載され、内蔵メモリーは64GB。バッテリーは大容量4000mAhが搭載されている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    スマホのAIカメラ戦争…サムスンは4つ、LGは5つ搭載

    2018.10.24 15:03
    뉴스 메뉴 보기
    サムスンのギャラクシーA7(写真左)、LGのV40ThinQ
    TOP