주요 기사 바로가기

韓米連合訓練に続いて韓国軍の東海岸火力訓練も中止に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.10.24 09:53
0
12月に予定されていた韓米連合空中訓練「ビジラントエース(Vigilant ACE)」が中止になった中、韓国軍単独の大規模な火力訓練も中止になったことが確認された。

韓国軍の関係者は24日、「江原道(カンウォンド)東海岸で毎年行われてきた海上射撃訓練を今年は実施する計画がない」とし、訓練の中止を確認した。これは陸軍と海軍が合同で実施してきた地海合同射撃訓練で、通常、上半期には4月に、下半期には11月に行われていた。

軍関係者は「今年上半期は気象状況が悪くて延期が続き、結局、実施できなかった」とし「6月が過ぎてから盛漁期が始まり、海水浴場も開かれて訓練が不可能になった」と説明した。続いて「下半期には10月末の護国訓練に続き、軍団戦闘指揮訓練(BCTP)日程が重なって取り消した」と話した。結局、追加日程は決めず訓練なしに年を越すということだ。

地海合同射撃訓練とは地上と海上から同時に火力攻撃をして敵を焦土化する訓練。昨年4月の訓練には、陸軍第8軍団をはじめとする前方5個軍団の砲兵部隊が多連装ロケットK239天舞をはじめ、K163A1九龍多連装ロケット(130mm)、K9自走砲とKH179牽引砲など約30門を動員した。偵察用無人航空機(UAV)と対砲兵探知レーダー(ARTHUR-K)など探知資産も登場した。海軍からは哨戒艦・誘導弾高速艦・高速艇など10余隻が参加した。当時、韓民求(ハン・ミング)国防部長官も現場を訪れ、訓練を主管する第8軍団指揮部と将兵を激励した。陸軍関係者は「探知手段を活用して標的をとらえた後、陸・海軍合同火力で打撃できる戦闘準備態勢を再確認するのが訓練の重点事項」と説明した。

この訓練に動員されてきた天舞は有事の際、北朝鮮の指揮部と支援勢力を除去する核心打撃戦力だ。九龍やK9自走砲より射程距離が長くて正確度が高いため、遠方の目標を正確に打撃できる。K9自走砲も有事の際、核心の砲兵戦力となる。2010年に発生した延坪島(ヨンピョンド)砲撃挑発当時、海兵隊K9自走砲が直ちに対応し、北朝鮮軍に反撃した。

その間、国防部と合同参謀本部は連合訓練を猶予しても独自の訓練は支障なく進め、戦闘態勢に変化はないと強調してきた。しかし地海合同射撃訓練は今年の取り消しに続いて来年も実施が不透明だ。これまで訓練が行われてきた東海岸の松池湖(ソンジホ)は南北軍事合意書上の海上敵対行為中断区域に含まれた。11月1日以降、東部地域では休戦ライン40キロ以内で海岸砲・艦砲射撃ができないが、これに該当する。軍関係者は「代替訓練場を用意できなかった」とし「現在では次の訓練計画を話しにくい状況」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓米連合訓練に続いて韓国軍の東海岸火力訓練も中止に

    2018.10.24 09:53
    뉴스 메뉴 보기
    昨年4月の合同海上射撃訓練で陸軍の新鋭多連装ロケットK-239天舞がロケット弾を発射している。
    TOP