주요 기사 바로가기

韓国ボーイズグループのメンバー「プロデューサーから常習的に暴行・暴言」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2018.10.19 15:04
0
バンドThe East Light(ザ・イースト・ライト)のイ・ソクチョルが所属事務所のプロデューサーとキム・チャンファン会長から暴行を受け、暴言を吐かれた被害事実を暴露し、「音楽ができなくなるかと思って怖かった」と嗚咽した。

19日午前、ソウル鍾路区(チョンノグ)の光化門(クァンファムン)弁護士会館チョ・ヨンネホールでは、The East Lightのメンバーが所属プロデューサーに激しい暴行と脅迫を受け、キム・チャンファン会長から暴言を吐かれたことに関する記者会見を行った。

この日、記者会見には暴行被害者だと主張するThe East Lightのメンバー、イ・ソクチョルとチョン・ジソク弁護士が参加した。この日、イ・ソクチョルは「The East Lightのメンバーらは2015年から2017年までメディアラインのPDから常習的に殴られた。親に知らせたら殺してやるという脅迫も常習的に受けた」として「メンバーのイ・スンヨンはPDがスタジオで監禁された状態で、太ももや腕、頭などを殴られてあざができた事実もある。ボーカルのイ・ウンソンも頭を殴られて血を流した」と被害事実を知らせた。

また、イ・ソクチョルは「暴行を受けたが、舞台に立つ人なのでその事実を知らせなかった。弟のイ・スンヨンが食べていたハンバーガーで殴られた時もメンバーらと良い舞台を見せようと話しながら耐えた。音楽を続けたくて我慢してきたが、これ以上我慢することが難しくなった」として「弟は暴行事実に関連してキム・チャンファン会長にこの事実を知らせ、Aプロデューサーとこれ以上共同作業をすることが難しいと話したが、生意気だとしてチームから退出した。だが、健康上の理由でチームから出たように知らせた」と説明した。

イ・ソクチョルは最も怖かったことが何かという質問に「4年間、無差別に暴行を受けても打ち明けることができなかったのは、私どもメンバー全員が通報をしたかったからだ。それで、勇気を出して再発防止を求めたわけだ。メンバーらはとても通報したかったが、この夢が台無しになるのではないか怖かった。常に私たちにそのように脅迫した。そのため、私も歯を食いしばって殴られた。幼い時から周りに良い方々が音楽をすることを応援してくださったので、心の中に大事にしていた」として涙を流した。

The East Light(イ・ウンソン、イ・ウジン、チョン・サガン、イ・ソクチョル、イ・スンヨン、キム・ジュヌク)は6人組グループで2016年、デジタルシングル『holla』でデビューした。イ・スンヨンはチームから退出された状態で、イ・スンヨンとイ・ソクチョルはその間所属事務所でプロデューサーA氏に暴行を受け、これをキム・チャンファン会長が黙認して暴言まで吐いたことに対して法的対応をする予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国ボーイズグループのメンバー「プロデューサーから常習的に暴行・暴言」

    2018.10.19 15:04
    뉴스 메뉴 보기
    バンドThe East Lightのイ・ソクチョル
    TOP