주요 기사 바로가기

サムスン電子、8Kテレビ発売…LG・シャープなど競合企業も応戦

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.10.19 15:02
0
「8Kテレビ市場を先行獲得せよ」

最近、グローバルテレビ業界のトップ企業らが自らに課しているミッションだ。8Kは解像度が3300万画素(縦4320×横7680画素)のテレビだ。横7680画素数は8000個に近いため「8K(K=1000)」と呼ばれる。最近、テレビ市場を主導するUHD(4K・800万画素)と比べると3~4倍鮮明だ。それだけ大型画面でよりクリアな映像を実現しているという意味だ。

だが、まだスタート段階だ。今年、世界のテレビ販売台数は2億2200万台だが、そのうち8Kテレビは2万台未満とみられている(IHSマーケット)。3~4年経過しないと500万台以上売れないだろうといわれている。その販売比率から8Kテレビを「0.01%市場」と呼ぶ理由だ。

それでもトップメーカーがこの「0.01%競争」に死活をかけている理由は何か。「汎用製品では未来がない」という危機意識のためだ。サムスン電子関係者は「世界テレビ市場で12年連続1位を守っているが、いつ何時、後発企業に追いつかれるかもしれないという認識がある」とし「圧倒的な技術格差を示さなければならないという切迫した気持ちがあった」と説明した。

サムスン電子が来月1日に発売する量子ドット発光ダイオード(QLED)8Kテレビはこのような戦略の下で開発された製品だ。65・75・82・85インチ4種類モデル展開で、主力の75インチ出荷価格が1079万ウォン(107万円)だ。最も大きい85インチが2590万ウォンで、先週(12日)ソウル市内アパート3.3平方メートル当たりの平均売買値(2554万ウォン)よりも高い。

サムスン側は今回発売したQLED 8Kテレビについて、鮮明ながらも立体的な映像が特徴だと説明する。サムスン電子関係者は「真夜中の天の川を横切る薄い雲、ヨシ畑の中の穂の揺れまで鮮やかに映し出す」とし「量子ドット素材の豊富な色再現力、現存するテレビの中で最大である4000ニット(nit)の明るさで臨場感と深さを最大化した」と紹介した。サムスンはQLED 8Kテレビを先月欧州で先行発売した。初期反応は良く、発売モデルを65・75・85インチの3種類とした。

サムスン電子映像ディスプレイ事業部のチュ・ジョンソク専務は「QLED 8K発売を機に『超大型・超高画質=サムスン』のイメージを強化する」と明らかにした。

競争企業もこれに対抗している。LGエレクトロニクスは先月、「国際コンシューマ・エレクトロニクス展(IFA)2018」で88インチ8K有機発光ダイオード(OLED)テレビを公開した。OLEDテレビでは世界最大サイズだ。量産時期について会社側は「市場状況により柔軟に対応する計画」という立場だが、業界では来年の発売を予想している。昨年、世界で初めて8Kテレビを発売した日本のシャープは、来月新製品を発表する予定だ。

「時期尚早」という声も一部ではあがっている。世界的に8Kコンテンツがほとんどないという事実のためだ。放送局では2022年東京オリンピック(五輪)を控えて日本NHKが8Kの試験放送を行うというのが唯一だ。莫大な資本で武装したNetflix(ネットフリックス)を除いて、4Kドラマを製作しているところもそれほど多くない。すなわち「アパート3.3平方メートル」テレビをリビングに入れたものの、その価値を十分に感じることはまだできないだろう」という懸念だ。

サムスンは人工知能(AI)画質エンジンである「Quantum Processor(クォンタム・プロセッサ)8K」でこのような弱点を克服するという戦略だ。低解像度も映像を高解像度に「アップスケーリング」する技術だ。サムスン側は「低画質(HD級)の映像が入力されてもAIアルゴリズムをベースに自ら輝度・コントラスト・画面サイズ調整などを補正して8K並の高画質に変換する」と話した。音声まで最適化する。スポーツ視聴時は聴衆の歓声を大きくして臨場感を高め、ニュース映像ではアンカーの声を強調するというような形だ。LGエレクトロニクス(「アルファ9」)やソニー(「X1」)も画質と音質を改善するAIプロセッサをリリースしている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    サムスン電子、8Kテレビ発売…LG・シャープなど競合企業も応戦

    2018.10.19 15:02
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子のモデルが3300万画素を実現したQLED 8Kテレビを紹介している。サムスンは19日から主要デパート・量販店などで予約販売をする。(写真提供=サムスン電子)
    TOP