주요 기사 바로가기

「雇用ショック」続く…韓銀、今年の成長率予測値2.7%に下方修正

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.10.18 15:05
0
「雇用ショック」だ。韓国銀行(韓銀)は18日に発表した「2018-19年経済展望」で今年の就業者数を9万人増と予想した。7月の予想(18万人)の半分に下方修正をした。世界金融危機の衝撃が続いていた2009年(-8万7000人)以来最も低い。韓銀は来年の就業者数も16万人増にとどまると予想した。これも7月の予想より8万人少ない。

就業者数の予想は今年に入ってずっと下方修正されている。今年1月は30万人、4月は26万人、7月は18万人だった。韓銀は「政府の雇用・所得支援政策などで徐々によくなるだろうが、一部の業種の業況不振と構造調整の影響で回復の速度は緩やかになるだろう」と予想した。

雇用衝撃が続くと予想され、経済成長率の予測値も下方修正された。韓銀は今年の経済成長率予測値を2.7%と、7月の予測値(2.9%)より0.2%下方修正した。韓銀は「今年の国内経済は投資調整が続くだろうが、輸出と消費が良好な流れを見せ、2.7%の成長率となるだろう」と予想した。当初3.0%だった予測値を7月に2%台に下方修正したのに続き、3カ月後にさらに引き下げたのだ。2.7%の成長率は2012年(2.3%)以来最も低い水準。

成長率を引き下げているのは6カ月連続で減少している設備投資だ。韓銀は今年の設備投資が0.3%減少すると予想した。当初の1.2%増という予想からマイナスに転換したのだ。下半期だけで2.5%減少すると予想した。建設投資もマイナス成長幅を拡大するとみている。下半期だけで-4.3%の成長となり、2.3%減少するということだ。民間消費(2.7%)と輸出(3.5%)は7月の見通しを維持した。

経常黒字は700億ドルと予想した。国際原油価格の上昇にもかかわらず、今年の消費者物価上昇率予測値も7月に出した1.6%をそのまま維持した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「雇用ショック」続く…韓銀、今年の成長率予測値2.7%に下方修正

    2018.10.18 15:05
    뉴스 메뉴 보기
    先月19日、韓国老人人材開発院が開催した「2018 60+シニア雇用フォーラム」に出席した求職者。(中央フォト)
    TOP