주요 기사 바로가기

元少女時代スヨン「初めての主演映画、韓日合作でうれしかった」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2018.10.05 14:41
0
女優に転身した元少女時代スヨン(チェ・スヨン)が初めての主演映画と劇中のキャラクターについて説明した。

スヨンは5日、釜山海雲台(プサン・ヘウンデ)の映画の殿堂トゥレラウム広場で行われた第23回釜山国際映画祭(BIFF)の映画『デッドエンドの思い出』の舞台挨拶で「少女時代デビュー前に日本で先にデビューした。日本作品に出演したい気持ちがあった。韓日合作形態の作品に参加する機会ができてうれしかった」と話した。

劇中、ユミを演じたスヨンは「キャラクターが受動的な面がなくはない。別れた恋人を怒ることができず我慢する姿が未練がましくみえるように表現した」としながら「ユミの感情を癒やす過程は悲しみではなく成長だ。離別だけでなく、人生が辛いと思っている人々が癒やされる作品だと思う」と説明した。

一方、『デッドエンドの思い出』は日本の人気作家、吉本ばななの同名の小説を映画化した作品だ。スヨンをはじめとして日本の新星・田中俊介、アン・ボヒョン、トン・ヒョンべらが出演している。 ?? "? ?? ??, ???? ???" =???? ?? "? ?? ??, ???? ???" https://entertain.naver.com/read?oid=241&aid=0002836653 http://isplus.live.joins.com/news/article/article.asp?total_id=23022222&cloc=

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    元少女時代スヨン「初めての主演映画、韓日合作でうれしかった」

    2018.10.05 14:41
    뉴스 메뉴 보기
    女優のスヨン
    TOP