주요 기사 바로가기

統合幕僚長「自衛艦旗は日本の誇り、絶対降ろさない」…旭日旗掲げて済州道入りか

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.10.05 06:47
0
韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相まで乗り出して、日本側に済州道(チェジュド)で開かれる国際観艦式での旭日旗掲揚を自制するよう求めたが、自衛隊制服組トップの河野克俊統合幕僚長は旭日旗を降ろさないという立場を明らかにした。

河野氏は4日の記者会見で「自衛艦旗はわれわれの誇りであり、降ろしていくことは絶対ない」と述べたと日本の共同通信が伝えた。河野氏は「自衛艦旗は法律で掲揚することになっている」とも述べ、旭日旗掲揚に対する確固たる意志を見せた。

旭日旗は日本軍が使った戦犯旗で、帝国主義・軍国主義の象徴としてこれまでも繰り返し論争になっていた。今回また議論の中心になった理由は、11日に韓国の海軍基地である済州民軍複合型観光美港で開かれる「2018大韓民国海軍国際観艦式」海上査閲に、旭日旗を海上自衛隊艦艇の旗とする日本も参加する予定のためだ。これに対し、韓国海軍は国際観艦式に参加する14カ国に海上査閲時に自国旗と太極旗を掲げるよう求めたが、日本はこれに対して何も回答しなかった。

論争が続くと、「戦争反対平和実現国民の行動」など市民団体は1日午後、ソウル鍾路区(チョンノグ)の在韓日本大使館前で旭日旗を破り日本の反省を促すパフォーマンスを行った。

李洛淵首相まで出て、旭日旗掲揚を自制するよう求める趣旨の発言をしたりした。李首相は1日、国会の対政府質問で「日本は、旭日旗が韓国人の気持ちにどのような影響を与えるか、繊細に考慮するべきだ」と明らかにしていた。

一方、日本の統合幕僚長は韓国の合同参謀本部議長にあたり、李首相の発言以降、自衛隊の中心人物が今回の論争に対して公式的な立場を明らかにしたのは今回が初めてだ。

これに先立ち、最近交代した小野寺五典・前防衛相は先月28日、「自衛艦旗の掲揚は自衛隊法などの国内法令で義務づけられている。(済州観艦式に参加する場合も)当然、掲げることになる」と述べていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP