주요 기사 바로가기

韓国外交官2人、女性職員に「セクハラ」疑いで帰国措置

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.10.04 10:56
0
海外駐在外交官2人が女性職員にセクハラ問題を起こして帰国措置された事実が一歩遅れて確認された。

3日、国会外交統一委員会所属の共に民主党パク・ビョンソク議員に提出された外交部の資料によると、7月外交官2人が部下職員をセクハラした疑いが摘発された。

7月、在パキスタン大使館で勤めていた高位外交官A氏は夫人が韓国に帰国して留守にした間、大使館の女性職員を家に呼んだ。

マンゴを分けるという口実で夕食を誘い、酒を勧めた後強制的に抱きしめる醜行を犯したことが分かった。

同月、在インド大使館に派遣された4級公務員B氏は行政職員に自身が留まるホテルで酒を飲もうと強要したり、部屋の鍵を与えるから来るように求めたりするなど、不適切な言動を繰り返したことが分かった。

パク議員によると、二人の外交官は現在、外交部の監査を受けた後、待機発令状態で懲戒委員会を控えている。

パク議員は「2015年、キム・ムンファン在エチオピア大使の性暴行事件以降、外交部が特段の予防対策を出したが、依然として不十分な面がある」として「相互尊重する組織文化と服務の規律を確立するなど、総合対策が必要だ」と指摘した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国外交官2人、女性職員に「セクハラ」疑いで帰国措置

    2018.10.04 10:56
    뉴스 메뉴 보기
    外国に出ていた外交官2人が女性職員を相手にセクハラ問題を起こして帰国措置された。(写真=中央フォト)
    TOP