주요 기사 바로가기

日本の空自、米空軍B52と東シナ海で再び大規模訓練

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.09.28 14:09
0
日本航空自衛隊所属の戦闘機と核武器を搭載できる米空軍のB52戦略爆撃機が27日、東シナ海と東海(トンへ、日本名・日本海)に続く上空で大規模な共同訓練を実施した。読売新聞と日本経済新聞などが報じた。

両紙は政府関係者の言葉を引用し、B52は米領グアムのアンダーセン空軍基地から出撃し、航空自衛隊那覇基地を出発した複数のF15戦闘機と沖縄周辺の東シナ海上空で編隊飛行を実施したと伝えた。

その後、九州沖で福岡県築城基地のF2戦闘機と訓練を実施した後、東海に北上して他の基地の航空自衛隊戦闘機とも順次訓練を実施したという。自衛隊戦闘機は計15機程度が参加したことが分かった。

日経によると、東シナ海内の訓練は、中国が設定した防空識別圏内でも行われたとみられる。

中国と日本の間に領有権紛争がある尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺で、米国B52戦略爆撃機と航空自衛隊戦闘機の訓練事実を日本政府がメディアに公表したのは異例だ。

読売は「中国を念頭に日米の連携を示す狙いがあるとみられる」と分析した。

これに先立ち、今年7月下旬にも米国のB52戦略爆撃機2機と日本の航空自衛隊F15戦闘機6機が東海側で共同訓練を実施した。中国はこれについて「米軍用機の挑発行為に強く反対し、我が国の権利と利益のために必要なすべての措置を取る」と反発していた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本の空自、米空軍B52と東シナ海で再び大規模訓練

    2018.09.28 14:09
    뉴스 메뉴 보기
    米空軍の戦略爆撃機B52Hが砂漠の上を飛行している。(写真=米空軍)
    TOP