주요 기사 바로가기

トランプ氏が正恩氏の親書見せると安倍氏「本当に画期的な手紙」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.09.28 07:41
0
「一つの美しい芸術作品だった」

米国のドナルド・トランプ大統領は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長から最近受け取った親書をこのように絶賛した。トランプ大統領は26日(現地時間)、ニューヨーク国連本部で開かれた国連安全保障理事会(安保理)会議後、記者会見で「金委員長から手紙2通を受け取った。いつかこの素晴らしい手紙を公開するだろう」と明らかにした。親書の内容には言及しなかったが、トランプ大統領は「歴史的な手紙だった。一つの美しい芸術作品だった」と表現した。

あわせて「2通の親書のうち、1通を安倍首相に見せたところ、首相は『これは本当に画期的な手紙だ』と言った」とも伝えた。

これに先立ち、トランプ大統領はこの日午前、米ニューヨークパレスホテルで開かれた安倍晋三首相との日米首脳会談で、この手紙を封筒ごと公開したことがある。当時、トランプ大統領は記者団の前で洋服のポケットから親書を取り出して見せながら「金委員長から『特別な手紙(extraordinary letter)』を昨日受け取った」と明らかにした。

トランプ大統領がこの手紙の内容まで安倍首相に見せたかどうかは確認されていない。親書が伝えられたルートも公式に明かされていない。ただし、現在滞米中の李容浩(イ・ヨンホ)北朝鮮外相が親書を届けた可能性がある。李外相は26日午前、マイク・ポンペオ国務長官との会合に臨んだ。

トランプ大統領は金委員長からの親書の内容を公開していないが、この「絶賛」の様子から考えて非核化に関連した肯定的な内容が記されている可能性がある。トランプ大統領は「我々は非常に良い関係だ。金委員長は私が好きで、私も彼が好きだ」とし「彼は私に最も美しい手紙を書いた」と述べた。

また「彼が非核化を終わらせることを希望しているという側面で感銘深い手紙」としながら「私は本当に(彼が)これ(非核化)をやり遂げたいと思っていることを信じている」と明らかにした。ただし、「私が間違っているかもしれない」と付け加えた。

今回トランプ大統領が公開した親書2通を含めると、金委員長がトランプに親書を届けたのは今回で6通目となる。トランプ大統領が今回言及した手紙2通の伝達時点が明確ではなく、1通は9月初めだった可能性もある。今月10日、米ホワイトハウスはトランプ大統領に届けられた北朝鮮の4通目の親書に、2回目の米朝首脳会談開催を求める内容が記されていたと明らかにしたことがある。

6月1日に訪米した金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長兼統一戦線部長がホワイトハウスを訪問してトランプ大統領に届けた親書は、A4用紙よりも大きなサイズだったことため話題になったりもした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP