주요 기사 바로가기

韓国メディア「和解・癒やし財団解散は不可避…韓日関係の硬直化は避けるべき」

ⓒ 中央日報日本語版2018.09.27 10:43
0
25日の韓日首脳会談で文在寅(ムン・ジェイン)大統領が和解・癒やし財団の解散を示唆したことについて、韓国メディアは解散はするものの韓日関係の硬直化は避けなければならないという社説を出した。

日刊紙「国民日報」は27日、「和解・癒やし財団は解散するものの韓日関係の硬直化は避けるべき」というタイトルの社説で「財団職員の人件費や事務室運営費で出資金が消耗していきつつある状況をこれ以上放置することはできない」とし「財団の解散はこのような現実を考慮した避けられない措置といえる」と述べた。ただし、「政府は既存の合意を履行しないと同時にこの問題が日本との関係硬直化につながらないよう管理しなければならない」とし、政府が日本との関係を熟考するべきだと論じた。

日刊紙「ソウル新聞」は27日、「本来の機能を果たしていない和解・癒やし財団の解散は当然」というタイトルの社説で「『慰安婦は売春婦』と言うなど、合意精神に反した日本高官の妄言まで続く状況で、財団の存立根拠は希薄になった」としながら「歴史に対しては断固とした措置を取りながら、北朝鮮問題などでは日本と緊密に協力するツートラック戦略を維持するべき」と主張した。

日刊紙「韓国日報」は27日、「未来志向的で開かれた視線で解決していくべき慰安婦問題」というタイトルの社説で「(和解・癒やし財団は)有名無実な事務室と職員の費用で毎月数千万ウォンの支出があるため解散は避けられない選択だ」とし「出資金を返すよりも、国内世論をまとめて慰安婦問題に関連した意味ある事業に使う建設的な案を出し、日本と新たに議論することが望ましい」と主張した。続いて「歴史問題など、和解の困難に陥る懸案をもう少し先まで見通す開かれた見識で調整・解決していく知恵が両国共に必要だ」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP