주요 기사 바로가기

「なぜ女性だけ働く?」名節症候群誘発する秋夕の廃止求める請願も=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.09.23 11:15
0
「久しぶりに本当に連休を楽しむことになりました」。

主婦のキム・ユジンさん(47)は名節になると必ず頭痛薬を準備する。毎年秋夕(チュソク、中秋)前日に夫の実家に到着すると1日中祭祀の料理を準備し、義実家の家族に三食を準備することによるストレスのためだ。今年はそんな心配を減らすことになった。キムさんは「大学入試の随時面接を控えた娘が秋夕連休を使ってソウルにある面接専門教室の授業を聞くことにした。娘と一緒にソウルのゲストハウスで過ごすつもりだ。義実家の家族には申し訳ないが、正直なところ気分は楽だ」と話した。

忠清北道清州(チュンチョンブクド・チョンジュ)に住む会社員の男性(36)は名節ごとに妻に申し訳ない気持ちになる。彼は「料理の準備は主に母がするが、皿洗いや掃除、祭壇の準備は妻が担当する。名節の料理は女性が準備しなければならないという家の雰囲気のため気軽に手を出すことができず心が落ち着かない」と話した。

核家族時代で共稼ぎ夫婦が増え、「名節症候群」を訴える家庭が多い。そのため「女性が多くの仕事をする名節の習慣を改善しなければならない」という声が力を増している。本格的な秋夕連休に先立ち青瓦台(チョンワデ、大統領府)の国民請願掲示板には「名節を廃止してほしい」という趣旨の破格な請願が相次いで上げられている。現代社会で家族全員が集まって祭祀を行う意味は色あせているという理由だ。「料理を食べて片づけるのを繰り返すのが果たして伝統文化か」という指摘もある。

ある請願人は「名節になると離婚率が急増し、長時間運転しなければならない男性と祭祀の料理を準備しなければならない女性も苦しんでいる」「先祖に礼を尽くし親族と一緒に過ごせる純機能もあるが、名節の準備で苦労する人はもっと多い。米国の感謝祭のように簡略に名節を送ろう」と代案を提示した。実際に昨年の法院行政処の統計によると、2016年基準で旧正月と秋夕連休の前後に1日平均577件の離婚申請が出された。名節ではない通常時の1日平均離婚申請が298件なのと比較すると2倍水準だ。

自身を19歳の学生と明らかにしたある請願人は、「もともと秋夕は収穫を終わらせる前に先祖に感謝の気持ちで祭祀を行い、親戚一同が集まって一緒に祭祀を行い墓参りをする伝統をいう。だが最近は数十万ウォンの買い出しをして(女性たちが)義実家に行って苦労し、料理を準備して片づけるのを繰り返す形に色あせた」と主張した。この請願人は秋夕を廃止してほしいと訴えた。

ソウル市女性家族財団が最近市民から1275件の意見を受け名節に経験する性差別発言と男女が挙げた「性差別行動」を発表した。発表によると、秋夕名節に体験する代表的な性差別事例では男女とも「女性だけがすることになる家事労働」を挙げた。全体のうち53.3%を占めた。

女性が挙げた5種類の性差別事例は、「女性だけする家事負担」(57.1%)、「結婚への干渉」(8.9%)「『女は、男は』という発言」(7.9%)、「男女分かれての食事」(6.5%)、「容貌に対する評価」(4.7%)の順だった。

男性も女性に偏る家事分担と、「一緒にやりたくてもできない雰囲気」を問題と指摘した。男性が挙げた性差別事例は、「女性だけする家事負担」(43.5%)、「『女は、男は』という発言」(14.4%)、「男性に偏る各種負担」(13.3%)、「結婚への干渉」(6.1%)、「祭祀文化」(4.7%)だった。特に男性は家や年俸など男性に集中する金銭負担と力仕事、運転、墓の草刈りなどの名節労働に不満を示した。

忠清北道参与連帯のイ・ソンヨン事務局長は「料理の準備、祭祀、墓参りと続く画一的な名節文化では女性の家事負担が多くなるほかない。祭祀を簡素化し家族とともに楽しめる文化に変わらなければならない」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP