주요 기사 바로가기

金正恩氏のソウル訪問の時、韓国保守団体が火刑式を行えば…

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.09.21 08:45
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が19日、南北首脳会談で年内ソウル訪問を電撃決めたが、これを実現するためには解決すべき問題が少なくない。特に、北側の「最高尊厳」の身辺保護問題が難題だ。文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官が平壌(ピョンヤン)ブリーフィングで「統一戦線部の主要人物が金委員長のソウル訪問を全部反対した」と話したが、北側要人の反対の理由もこのためだと見られる。2007年、南北首脳会談で盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領が訪韓を提案したが、金正日(キム・ジョンイル)総書記が「丁寧に」断ったのも同じ理由だった。

したがって、金委員長が韓国を訪れる場合、政府は彼の身辺保護のために最高水準の警護を行うことが明らかだ。警護は青瓦台(チョンワデ、大統領府)警護処が主管する可能性が大きい。海外の国賓級要人が韓国を訪問する場合、青瓦台警護処所属の要人警護チームが近接警護を引き受けるためだ。

昨年11月、ドナルド・トランプ米大統領が訪韓した時も青瓦台警護処が警護を主管した。特に、2月金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長の訪韓当時、警護を担当したと知られた北朝鮮974部隊(金委員長の密着警護部隊)の「防弾警護」が再登場する可能性もある。

何より政府が気を遣うのは保守団体のデモだ。匿名を求めた脱北者は「北朝鮮は最高指導者の身辺と影像(イメージ)のき損を命のように捉える」として「ややもすると韓国を訪れて影像がき損されれば、北朝鮮で神的な存在に位置づけられている金委員長のリーダーシップに否定的な影響を与える可能性がある」と話した。

北朝鮮人権団体や保守派団体は政府の説得や自制要請にもかかわらず、金委員長の動線を追いかけて反対デモを行う可能性が大きい。金与正氏らが訪韓した平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)期間にソウル都心と平昌の所々で保守団体の反対デモが開かれた。金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長が2月訪韓した時も自由韓国党と保守団体が統一大橋を立ちはだかり、金英哲氏が乗った車両は軍が所有した前進橋に迂回してソウルに移動したりもした。平壌南北首脳会談が開かれた18~20日、プレスセンターが設けられた東大門(トンデムン)デザインプラザ(DDP)の前でも保守団体の北朝鮮糾弾デモが連日開かれるほどだった。

金正恩氏の写真や北朝鮮国旗を燃やすデモが起きる場合、金正恩氏の訪韓そのものを台無しにする可能性があるため、政府は警備に特に気を遣うものと見られる。警察関係者は「前例がない訪問であるため、軍警が政府をあげて警備をするほかはない」と話した。金正恩氏の訪韓を歓迎する進歩団体と保守団体間の物理的衝突が起きる恐れもある。

文大統領が平壌に行った時、北朝鮮は市民を大々的に動員して最高水準の歓待をした。しかし、韓国ではこのような人為的な動員が不可能だ。東国(トングク)大学北朝鮮学科のコ・ユファン教授は「金英哲氏・金与正氏の訪韓の時のように建物内部で進める方式で歓迎行事を行う可能性が大きい」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金正恩氏のソウル訪問の時、韓国保守団体が火刑式を行えば…

    2018.09.21 08:45
    뉴스 메뉴 보기
    2011年「天安艦爆沈1周忌北朝鮮挑発糾弾大会」が開かれた25日、ソウル光化門東和免税店の前で集会参加者が北朝鮮国旗と北朝鮮の金正日総書記、金正恩委員長の写真を燃やすパフォーマンスをしている。(写真=中央フォト)
    TOP