주요 기사 바로가기

自動で芝刈り、荷物運搬…ロボット名家を目指すLG

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.09.19 14:37
0
#1.「こんにちは。私はお客様をサポートする『クロイ(CLOi』です」。最近、ベーカリーチェーン「パリバゲット」ソウル良才(ヤンジェ)本店ではLGエレクトロニクスが開発した家庭用ハブロボット「クロイ・ホーム」が客を迎えている。ロボットに近づくと「私の頭をなでてください。よいパンを推薦します」と先に話しかけてくる。親には焼きたてのパンが出る時間を知らせ、子どもの前ではアニメ動画を見せたり踊ったりする。クロイは家庭では声を聞いて洗濯機・エアコンなどの家電製品を制御し、乳児には子守歌を聞かせるなど「執事」の役割をする。

#2.ドイツのベルリンで開催された「国際家電見本市(IFA)2018」のLGエレクトロニクス展示館。1日(現地時間)、車椅子で現場を訪れたオランダ人観覧客のイアンさんは「重さがどれほどか、いつから販売されるのか知りたい」と言って案内員に質問を続けた。イアンさんが関心を見せたのは、腰と脚に着用すれば大きな力を出せる「クロイ・スーツボット」だった。

LGエレクトロニクスがロボット事業を加速化している。LGエレクトロニクスは18日、「来月まで試験運営をし、早ければ年末までに『クロイ・ホーム』を出す予定」と明らかにした。昨年、仁川(インチョン)国際空港に案内・清掃ロボットとしてクロイを供給したのに続き、家庭用ロボットまで商用化するということだ。

LGのロボットが世界的に注目されたのは5日(現地時間)に閉幕した欧州最大の家電見本市「IFA2018」でだ。LGは4699平方メートル(約1400坪)規模の展示場の真ん中に「LGクロイ」シリーズを展示した。家庭用ハブロボットから案内・清掃・芝刈り・サービス・ポーター・カート・ウェアラブルなど多様な性能を持つ8種類のロボットが並べられた。クロイ(CLOi)はLGのロボットファミリーブランドで、「賢くて(CLever&CLear)親近感がある(CLose)人工知能ロボット(Operating Intelligence)」を意味する。

このうちIFAで最も人気があったロボットは「クロイ・スーツボット」だった。物流倉庫や工事現場のような産業用のほか、歩行支援用など、さまざまな用途に利用できる。従来のウェアラブルロボットの不便な着用感を改善したのも特徴だ。

LGエレクトロニクスが出す「次のロボット」は芝刈りロボット「クロイ・ローンボット」になる可能性が高い。昨年、米ラスベガスで開催されるCESに登場した製品だ。現在は慶尚南道昌原(チャンウォン)の専用試験場で障害物の回避など自動運転、類型別芝刈りなどを「猛練習」中だ。

案内ロボット「クロイ・ガイドボット」は仁川空港で「職員」の役割をしている。韓国語はもちろん英語・中国語・日本語の認識が可能だ。7月からは第2世代の14台が普及したが、搭乗口・便宜施設・売り場など顧客の目的地までエスコートするサービスで人気がある。このほか「クロイ・カートボット」は大型マートで商品がどこにあるかを知らせるショッピングサポートの役割を、「クロイ・ポーターボット」はホテルで荷物を運んでチェックイン・チェックアウトをサポートする業務を遂行する。サービスロボット「クロイ・サーブボット」はスライディング方式で棚が出て客に飲み物をサービスする。平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)当時は清掃ロボット「クロイ・クリーンボット」が江原道(カンウォンド)に「出張」した。

LGはロボット関連の投資も増やし、組織も拡大する方針だ。今までロボティズ・アクリル・ロボスタ・ボサノバロボティクス・SGロボティクスなど7社を買収したり出資したりした。趙成珍(チョ・ソンジン)LGエレクトロニクス副会長はIFAで記者らに対し「(ロボット分野は)今年末に人材と組織が大幅に補強される予定で、外部との協業もさらに活発に進める」と述べた。LGエレクトロニクスのリュ・ヘジョンH&Aスマートソリューション事業担当(専務)は「ロボットは機械力学のほか、自動運転・人工知能など先端情報技術が集約された分野」とし「顧客の便宜を図り、共感能力が優秀なロボットを出していきたい」と語った。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    自動で芝刈り、荷物運搬…ロボット名家を目指すLG

    2018.09.19 14:37
    뉴스 메뉴 보기
    現在試験運営中のLGエレクトロニクスの芝刈りロボット「クロイ・ローンボット」は近く発売される予定。(写真左=LGエレクトロニクス)、荷物を運ぶロボット「クロイ・ポーターボット」はホテルなどでキャリアを運んだりチェックイン・チェックアウトなどを担当する。
    TOP