주요 기사 바로가기

「名古屋の太陽」宣銅烈監督、不正請託違反の疑惑か

ⓒ 中央日報日本語版2018.09.13 16:35
0
野球国家代表チームの宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督が2018ジャカルタ・パレンバン・アジア大会当時、LGツインズの呉智煥(オ・ジファン)を請託によって選抜したという主張が提起された。

社団法人韓国清廉運動本部は13日「宣銅烈監督を『不正請託及び金品等の収受禁止に関する法律(請託禁止法)』違反の疑惑で国民権益委員会に通報した」と明らかにした。宣監督がアジア大会代表チームを選抜する過程で球団側関係者、あるいは第三者の請託を受けて呉智煥を選抜したという主張だ。

これに先立ち、韓国プロ野球LGツインズチームの呉智煥は軍警野球団に入団する機会があったが、これを拒絶して2018ジャカルタ・パレンバン・アジア大会に出場した。万一、金メダルを獲得することができなければ、一般軍人として軍服務をせざるを得ない状況。しかし、プロ選手だけで構成されたチームは韓国しかないため金メダルの可能性が非常に大きく、金メダルを獲得して兵役免除の恩恵を受けた。

しかし、成績がより良い選手を選抜せず、呉智煥を選抜したのは不公正行為に該当するというファンたちの非難が激しかった。鄭雲燦(チョン・ウンチャン)KBO総裁は13日、再発防止対策を立てると公言したが、依然として議論は収まっていない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「名古屋の太陽」宣銅烈監督、不正請託違反の疑惑か

    2018.09.13 16:35
    뉴스 메뉴 보기
    2018ジャカルタ・パレンバン・アジア大会韓国野球国家代表チームの宣銅烈監督
    TOP