주요 기사 바로가기

<アジア大会>アジア水泳連盟の過半数が親中国系…「暴行も警告にとどまるだろう」

ⓒ 中央日報日本語版2018.09.11 17:05
0
2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会当時、韓国水泳国家代表のキム・ヘジンを暴行した中国水泳選手の沈鐸に軽い処罰が下される可能性が大きいと11日、SBSが報じた。

SBSによると、今回の事件の真相調査を引き受けたアジア水泳連盟の競技委員9人中5人が「親中国系」で、中国人のYuan Haoran氏が競技委員長を努めている。一方、現在、アジア水泳連盟内部の数十要職の中で韓国人はただ1人もいないため、韓国側の声が反映された公正な調査は難しいとSBSは分析した。

これを受け、沈鐸に対する懲戒はアジア水泳連盟が主管する国際大会の出場停止3~6カ月、あるいは単なる警告にとどまるものとみられるとSBSは伝えた。

一方、キム・ヘジンは8月23日、2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会の出場を控えて練習をしていたところ、中国の沈鐸選手に暴行を受けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP