주요 기사 바로가기

韓経:中国のミートゥー商品に驚き…「日本追いかけた韓国を見るよう」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.09.03 13:07
0
1/4
中国家電メーカーのハイアールはIFA2018で自社の「アイリフレッシュ」洗濯機に装着されたモーターの駆動模型を展示した。
先月31日、欧州最大の家電見本市「IFA2018」が開かれたドイツ・ベルリンの大型展示場「メッセベルリン」。中国家電メーカーのハイアールのブースを訪れたLGエレクトロニクスの趙成珍(チョ・ソンジン)副会長と役員は洗濯機の前に設置されたモーターの模型の駆動原理を注意深く見守った。「洗濯機職人」と呼ばれる趙副会長が中国企業の洗濯機モーターを細かくチェックした理由は、中国企業の技術力がどのレベルまで上がってきたのかを確認するためだった。見た目だけ立派な新製品広報に注力した中国企業がいまではモーター駆動模型を展示するなど「技術」に力を入れ始めたという評価が出てきた。家電業界関係者は「中国企業の追撃は侮れない。日本製品を追いかけながら急成長した韓国の過去の姿を見るようだ」と話す。

◇妙に見慣れた中国製品

中国家電メーカーは他の会社の製品を模倣した「ミートゥー商品」を主に出してきた。ミデアは人工知能(AI)機能が搭載されたエアコン「エアエックス」を公開した。エアコン上段に設置されたカメラが人々の動作を認識し、運動する時には強い風を、眠りに就いた時は弱い風を送ってくれる。外出する時もエアコンを消さなくても良い。人が外に出て行ったことを認識したエアコンが自動でオフになるためだ。カメラと多様なセンサーを活用してユーザーの生活環境を学習するという点でLGエレクトロニクスのエアコン「ThinQ」と似ていた。

ミデアが公開した「クイックウォッシュ」洗濯機はドラム洗濯機のドラム部分とドラムの底部分がそれぞれ異なる方向に回る「デュアルドライブ」方式を採用した。サムスン電子が昨年欧州で発売した「クイックドライブ」と似ていた。クイックドライブはドラム洗濯機の上下落差方式と全自動洗濯機の回転盤方式を組み合わせて洗濯時間を半分近くに減らした。ハイアールが公開した「デュオドライ」洗濯機はドラム洗濯機2台を結合した製品だ。デザインの側面でLGエレクトロニクス「TROMMツインウォッシュ」を思い起こさせた。

ハイアールやハイセンスなど他の中国家電メーカーは競争的にディスプレーを装着した冷蔵庫を展示した。サムスン電子が業界で初めてモノのインターネット(IoT)機能を搭載して発売した「ファミリーハブ」を模倣したものだ。冷蔵庫内の食材の賞味期限を確認し足りない食材をすぐ注文できるようにする「フードマネジメント」機能も似ていた。冷蔵庫内にカメラを設置しスマートフォンを通じても内部の状態を見られるようにした。

◇「日本を追いかけた韓国を見るよう」

トップである韓国企業に追いつくための中国のテレビメーカ等の攻勢も鋭かった。いち早く8Kテレビを出し、台湾鴻海グループに買収されたシャープは「第2世代」8Kテレビを発表した。中国TCLは8K QLEDテレビを公開しサムスンの8K QLEDテレビ発売に対抗した。

中国ミデア、ハイアール、ハイセンス、TCLなど主要家電メーカーは「スマートホーム」時代にも素早く対応した。アマゾンアレクサ、グーグルアシスタントを搭載した製品だけでなく、すべての家電製品がAIに連結され音声命令で便利に作動する姿を直接経験できるようにブースを構築した。グーグルアシスタントを搭載したTCLのテレビはリモコンに搭載されたマイクを通じて命令を認識した。LGエレクトロニクスの「マジックリモコン」の使用方式と同じだった。

韓国家電業界は中国家電業界の変化を鋭意注視している。モーターやコンプレッサーなどアナログ技術を土台にする家電産業は「蓄積の時間」が何より重要だ。スマートフォンでは韓国のあごの下まで追撃した中国が、家電事業で韓国に追いつくことができない理由だ。電子業界関係者は「それでも巨大な市場を『テストベッド』として持っている中国がいつ『時間の格差』に追いつくかもしれないという危機感は毎年大きくなっている」と話した。

スマートフォン、ロボット、ドローンなどの分野でも中国の躍進が目立った。スマートフォン部門ではすでに「追撃者」から、サムスン電子などグローバル企業と「競争者」になったようだ。サムスン電子役員社員はいち早くファーウェイの売り場を訪れた。ファーウェイのリチャード・ユー最高経営責任者(CEO)はIFA2018で、「モバイルAIの究極的な力」をテーマに基調演説をし、7ナノプロセス基盤の新型モバイルAIチップ「Kirin980」を公開した。彼は「卓越したAI機能と最先端性能を兼ね備えた新しいシステムオンチップ(SoC)を設計した。完全に新しいCPU、GPUとデュアルNPU(ニューラル・ネットワーク・プロセッシングユニット)を備えたKirin980は最高のエンジンだ」と主張した。Kirin980は来月ファーウェイが発売する最新スマートフォン「メイト20」に搭載される見通しだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP