주요 기사 바로가기

<アジア大会>女子バスケット南北合同チーム、決勝で中国に破れ銀

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2018.09.02 10:29
0
バスケットボール女子で構成された南北合同チーム「コリア」が決勝で中国に敗れたが球技種目で合同チーム史上初めてのメダルを獲得した。

イ・ムンギュ監督率いる南北合同チームは1日にジャカルタで行われたアジア大会バスケットボール女子決勝で中国に65-71で敗れた。

長身軍団の中国を相手にパク・ジスとロ・スクヨンがしっかりと持ち堪え対等な試合を展開した。しかしロ・スクヨンがファールトラブルにより第3クォーターで退場させられ、キム・ハンビョルもファール問題により第4クォーターで退場して試合は厳しくなった。

もちろん合同チーム選手たちは釈然としないファールが繰り返される中でも激しく中国を追った。第1クォーターを22-23の1点差で終え、第2クォーターでは38-38の同点に持ち込むなどいい雰囲気を作った。だがファールトラブルによりロ・スクヨンが抜け、パク・ジスのゴール下の負担が加重され攻撃が慎重になり中国がリードする雰囲気が続いた。

特に第3クォーターでロ・スクヨンが5反則退場に遭いパク・ジスの負担がさらに大きくなった。中国にリードされたまま迎えた第4クォーター、最後の瞬間まで激しく追いつこうと努力した韓国はターンオーバーに続き中国にバスケットポイントまで与え惜敗してしまった。

一方、これに先立ち行われた韓国男子代表チーム3位決定戦ではラ・ゴンア(リカルド・ラトリフ)が37得点17リバウンドのダブルダブルを記録し台湾に89-81で勝利し銅メダルを獲得した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP