주요 기사 바로가기

俳優ソ・イングク「ドラマ『一億の星』、日本原作とは違った魅力見てほしい」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2018.08.28 10:06
0
韓国の俳優、ソ・イングクが出演中のドラマについて、日本の原作とは違った魅力を見てほしいと語った。

tvN新水木ドラマ『空から降る一億の星』(以下、『一億の星』)側はソ・イングクのキャラクターカットを27日、公開した。

ソ・イングクは殺人容疑者で、自由で危険な“怪物”「キム・ムヨン」を演じる。自分を取り巻くものすべてをゲームとみなしてスリリングなゲームに参加するが、内面には計り知れない悲しみを秘めた人物だ。ユ・ジンガン(チョン・ソミン扮)と出会うことで、心の奥底に堅く閉じられていた重い扉を開けることになる。

公開された写真の中で、ソ・イングクは両手にケグ(ビールの保存容器)を持っている。ブルーマスター(ビール職人「ブルワー」を取りまとめるトップ)に変身している。車の中に座って深く考えに沈んでいるときの表情は、カリスマが漂いながらもどこか寂しげだ。また、深夜に屋上の手すりに寄りかかり、空を見つめる瞳は孤独な魅力がにじみ出ている。キム・ムヨンが抱えている事情が気になるところだ。

ソ・イングクはキム・ムヨンというキャラクターについて「一般の人とは違う感情状態を持つ人物だ。ムヨンに対して初めて感じたことは、平凡ではない人が平凡になることを望んでいるということだった。他人の感情に無知だったムヨンは、ジンガンと出会うことによって相手に対する好奇心が高まり、自分自身も知らなかった感情に気づき共感するようになるという部分が魅力的に映った」と語った。

また「このドラマは日本ドラマ『一億の星』のリメーク作だが、このドラマのファンが原作とは違った魅力を見てくれたらうれしい」と話し、ドラマへの関心を呼びかけた。

一方、ドラマ『一億の星』は『知ってるワイフ』の後続として、9月26日に初放送される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    俳優ソ・イングク「ドラマ『一億の星』、日本原作とは違った魅力見てほしい」

    2018.08.28 10:06
    뉴스 메뉴 보기
    俳優ソ・イングクのドラマ『空から降る一億の星』キャラクターカット(写真=ドラマ制作会社)
    TOP