주요 기사 바로가기

韓国製ラーメンにはまったマレーシア…人気を呼ぶ理由は(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.08.23 14:11
0
マレーシアが韓国製ラーメンにはまっている。現地のラーメン大手は韓国風ラーメンを発売するなど対応に出た。韓国食品企業の手を借りたものだ。

マレーシア1位のラーメン大手「マミー・ダブルデッカー」の最高戦略責任者(CSO)兼最高財務責任者(CFO)ヴィトン・パン氏は21日、中央日報とのインタビューで「マレーシアで韓国のラーメンが毎年二桁成長を遂げている」として「韓国製ラーメンが全体のラーメン市場の成長をリードしている」と話した。マミー・ダブルデッカーは昨年11月、韓国の新世界フードと合弁で「新世界マミー」を設立し、韓国風ラーメンの生産に乗り出した。ヴィトン氏はこの新世界マミーの最高経営者(CEO)を努めている。

米マーケティングリサーチ会社、エーシーニールセンによれば、マレーシアのラーメン市場で韓国製ラーメンのシェアは2013年0.7%から今年第1四半期13.4%に20倍近く上昇した。そのおかげでマレーシアは韓国の主なラーメン輸出国として急浮上している。関税庁によると、今年1~7月マレーシアに輸出したラーメンの金額は1256万3000ドル(約13億9000万円)だった。中国・米国・日本に次ぐものだ。昨年、マレーシアは台湾とタイにも押されたが、今年に入ってはその両国を超えた。

韓国製ラーメンがマレーシアで人気を呼んでいる理由は何だろうか。ヴィトン氏は「クオリティ(品質)」をまず挙げた。特に、麺について「現地や日本製ラーメンよりコシがあり、よくのびない。製造技術力が優れている」と評価した。現地のラーメンの重量が70グラム程度であることに比べ、韓国製ラーメンが110グラムで量が多いという点も長所だと評価した。東南アジアに巻き起こっている韓流ブーム、YouTube(ユーチューブ)による口コミマーケティングも影響を及ぼしたという説明だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国製ラーメンにはまったマレーシア…人気を呼ぶ理由は(1)

    2018.08.23 14:11
    뉴스 메뉴 보기
    マレーシアの食品メーカー、マミー・ダブルデッカーのCSO(最高戦略担当者)兼CFO(財務担当理事)ヴィトン・パン氏が21日、ソウル聖水洞新世界フード本社で中央日報とインタビューをした。ヴィトン・パン氏は新世界フードとの合弁会社である新世界マミーのCEO(最高経営者)でもある。
    TOP