주요 기사 바로가기

台風19号、韓国済州を強打…風速62メートル655ミリの激しい雨

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.08.23 08:26
0
台風19号(SOULIK)が北上しながら、済州(チェジュ)には23日未明、大雨とともに強い風が吹きつけた。台風は今後、23日深夜か24日早朝に忠清南道(チュンチョンナムド)の西海岸に上陸した後、韓半島(朝鮮半島)を横切りながら大きな被害を出すのではないかと懸念されている。

韓国気象庁はこの日午前6時現在、台風19号が済州道(チェジュド)西90キロの海上を時速16キロメートルの速度で北北西に進んでいる明らかにした。

台風の中心気圧は960ヘクトパスカル、中心の最大風速は39メートル(時速140キロメートル)で勢力の強い中型台風に分類されている。

台風はこの日午後6時に全羅南道木浦(チョルナムド・モクポ)西約60キロ付近の海上まで進み、夜には忠清南道(チュンチョンナムド)または全羅北道(チョルラブクド)西海岸に上陸するものと予想されている。

台風はこの日、木浦付近を通過する時も、中心気圧970ヘクトパスカル、最大風速35メートルで、強い勢力を保つだろうと気象庁は予想している。

台風は上陸後、ソウル南側を通って韓半島を横切り、24日午後に江原道束草(カンウォンド・ソクチョ)付近を通過した後、東海(トンへ、日本名・日本海)に抜けると気象庁は予想している。

一方、この台風の接近で済州の漢拏(ハルラ)山のツツジ畑では、この日午前4時25分ごろ、最大瞬間風速が62メートルに達した。

漢拏山ウィッセオルムでは、22日以後この日午前7時までに655ミリの激しい雨が降ったのをはじめ、済州道では100ミリ前後の雨が降った。

気象庁は台風の影響で、24日まで陸上では最大瞬間風速30~40メートル、海岸と山間部には50メートル以上の非常に強い風が吹くと予報した。

これに伴い、屋外施設や高層建物のガラス窓、街路樹、電信柱などの破損とあわせて工事現場の構造物崩壊などによる被害が懸念されている。

また、台風に伴う大量の水蒸気とともに地形的な影響を受ける智異山(チリサン)付近や済州道山間部、一部南海岸には1時間に50ミリ以上の大雨とともに多いところでは400ミリ以上の非常に激しい雨が降るものとみられている。

24日までの地域別予想降水量は▼全羅南道と慶尚南道(キョンサンナムド)西部、済州道には100~250ミリ(多いところは全羅南道海岸、済州道山間部、智異山(チリサン)付近400ミリ以上)▼ソウル、京畿(キョンギ)、江原、忠清南道、全羅北道、慶尚北道(キョンサンブクド)北部、西海5島50~100ミリ (多いところで150ミリ以上、西海岸と京畿北部、江原道200ミリ以上)▼慶尚南道東部、慶尚北道南部、忠清北道(チュンチョンブクド)30~80ミリ、鬱陵島(ウルルンド)・独島(ドクト、日本名・竹島)10~40ミリ--などだ。

これに伴い、土砂崩れや堤防の決壊、土砂の流出、浸水などの被害が発生しないように徹底した備えが必要な状態だ。渓谷や河川では急激に増水・氾濫することによる事故の発生も懸念されている。

一方、西海南部や南海、済州道などのすべての海上には台風特別警報が発令されている中、非常に強い風とともに4~10メートルの非常に高い波が立ち、台風が北上するにつれてその他海上でも波が高まり、台風特別警報が徐々に拡大・強化される見通しだ。

海岸地域には高波が海岸道路や防波堤を越える場所もある。気象庁は「24日まで、済州道や南海岸、西海岸では津波による海水氾濫が懸念されているため、海岸では事故や施設被害、低地帯の浸水などに格別に留意してほしい」と呼びかけた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP