주요 기사 바로가기

韓国の技術で開発のロケット、台風の影響で発射延期も

ⓒ 中央日報日本語版2018.08.21 11:42
0
台風19号の韓半島(朝鮮半島)上陸が予想される中、韓国の技術で開発されたロケットの試験発射日程が延期される可能性が出てきた。

韓国航空宇宙研究院(航宇研)によると、研究陣は10月の試験発射を控え、全羅南道高興(コフン)の羅老宇宙センター発射台に装着されているロケットを再び組立棟に移すかどうかを検討しているという。秒速30-50メートルの強風が吹く状況でロケットをそのまま置いておくことはできないという判断からだ。

航宇研の関係者は「今日(21日)午後に発表される気象庁の台風特別警報を見て最終的に決める」とし「外部の影響を最小化するためにロケットを室内(ロケット総合組立棟)に移す可能性もある」と伝えた。

試験ロケットは14日に羅老宇宙センターの発射台に立てられた。韓国の技術で開発した75トン級エンジンが搭載されたロケットは飛行性能を検証するために10月末に発射する予定だ。7月には実際の飛行時間と同じくエンジンを154秒間稼働する総合燃焼試験にも成功した。韓国は試験ロケット発射を通じて2021年に韓国型ロケットを打ち上げる予定だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の技術で開発のロケット、台風の影響で発射延期も

    2018.08.21 11:42
    뉴스 메뉴 보기
    韓国型ロケットの推進機関総合燃焼試験が7月5日、羅老宇宙センターで行われた。
    TOP