주요 기사 바로가기

<アジア大会>組1位は消えた韓国サッカー…難敵イラン・ウズベクと対戦か

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.08.20 10:07
0
「バンドンの惨事」「バンドンショック」だった。2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会に出場した韓国サッカーU-23(23歳以下)代表がイバラの道を歩むことになった。17日、グループリーグE第2戦で国際サッカー連盟(FIFA)ランキング171位のマレーシアに1-2で敗れたからだ。

韓国のFIFAランキングは57位。FIFAランキングで大差があるマレーシアに韓国が敗れると予想する人はほとんどいなかった。ドイツが6月のロシアワールドカップ(W杯)で戦力が劣る韓国に0-2で敗れたのと同じくらい衝撃的な敗北だった。

主将の孫興民(ソン・フンミン、26、トッテナム)は敗戦翌日の18日、後輩たちを集めてこのように話した。「韓国がドイツに勝ったことが歴史に残るように韓国がマレーシアに敗れたことも選手たちのキャリアから一生離れない」。

「バンドンの惨事」以降、波紋が広がっている。一部のネットユーザーは得点チャンスを何度か逃した黄喜燦(ファン・ヒチャン、23、ザルツブルク)を激しく非難した。しかも黄喜燦は試合後にマレーシアの選手と握手もせずに競技場から出ていく「突出行動」をし、激しい叱責を受けた。

相次ぐ失策性のプレーで2失点したGKソン・ボムグン(21、全北)も非難を避けられなかった。バーレーンとの第1戦(6-0勝利)で好プレーを連発したGK趙賢祐(チョ・ヒョンウ、27、大邱)とは対照的だった。元韓国代表GK金秉址(キム・ビョンジ)はユーチューブ放送中にソン・ボムグンの評点(10点満点)を付けてほしいという質問に「マイナス2点」と述べ、苦言を呈した。非難が殺到すると、黄喜燦とソン・ボムグンはSNSを非公開にした。

第1戦から先発メンバーを6人も入れ替えたキム・ハクボム監督の選手起用も俎上に載せられた。アジア競技大会では金メダルを獲得しても試合に1分も出場しなければ兵役免除を受けられないという点を意識し、マレーシアとの第2戦では多くの選手を入れ替え、これが敗戦につながった。サッカーファンは「相手を軽視してローテーションをあまりにも早く稼働した」と非難を浴びせた。

一部のマレーシアファンは孫興民のSNSに「負けるために英国からインドネシアまで来たのか」などと冷やかしの書き込みをした。これに韓国のサッカーファンは暴言で対抗し、孫興民のSNSは両国ファンの舌戦の場になった。孫興民のSNSには6000件ほどのコメントが書き込まれている。

韓国が今大会で金メダルを獲得するには結局、負担を乗り越えなければいけない。「兵役免除を受けるには必ず金メダルを獲得しなければならない」という重圧感を克服できなければ、金メダルの夢はかなわないということだ。油断しないよう早い時期に予防注射を受けたと考えることもできるが、マレーシアに敗れた影響は大きい。

何よりも組1位を逃したことで今後の日程が「イバラの道」となった。韓国(1勝1敗)は20日午後9時に始まるキルギスとの第3戦で勝っても、マレーシア(2勝)に敗れたためE組1位は不可能だ。16強からは負ければすぐに敗退となるが、E組1位を逃したことで決勝トーナメント初戦は強いチームと対戦する。トーナメント初戦も23日に行われ、休養日が減る。

韓国が組2位で決勝トーナメントに進出すればF組1位と対戦する。F組で共に1勝1分けのイランまたはサウジアラビアとぶつかる見込みだ。特にイランは大小の国際大会でいつも韓国を苦しめてきた「韓国キラー」だ。8強でも「優勝候補」ウズベキスタンと対戦する可能性が高い。4強に進めば「宿敵」日本と韓日戦をする可能性もある。キム・ハクボム監督は「イバラの道に入った。これからは毎試合が総力戦」と語った。

衝撃的な敗北でチームの雰囲気も揺れている。孫興民が後輩を集めて叱責したのも雰囲気を引き締めるためだ。ところがチームには動揺がみられる。

結局、チームの雰囲気を作るのはオーバーエージ(24歳以上の選手)の孫興民の役割だ。2014年仁川(インチョン)アジア競技大会当時、男子サッカーはスーパースターがいなかったが、28年ぶりに金メダルを獲得した。当時けがで途中まで欠場した金信旭(キム・シンウク)は食堂ロビーでも後輩の李勇載(イ・ヨンジェ)に仮想状況に対応したプレーを繰り返し教えた。当時、チームミーティングで「軍隊」はタブーだった。選手たちは「個人の栄光でなく大韓民国のプライドをかけてプレーしよう」と声を一つにした。

韓国代表の監督に選任されたパウロ・ベント氏(49、ポルトガル)は20日に韓国に来る。ポルトガル代表監督時代、ベント氏はクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)を中心に戦術を組んだ。韓国代表監督ではストライカーの孫興民(ソン・フンミン)を中心にチームを再編する可能性が高い。これに先立ちアジア競技大会では「韓国サッカーのエース」孫興民のリーダーシップが試される。孫興民はこの課題を乗り越えることができなければ、トッテナムの生活を整理して軍に入隊しなければならないかもしれない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <アジア大会>組1位は消えた韓国サッカー…難敵イラン・ウズベクと対戦か

    2018.08.20 10:07
    뉴스 메뉴 보기
    17日、アジア競技大会男子サッカーグループリーグでマレーシアが韓国に2-1で勝利すると、マレーシアのサッカーファンは孫興民(ソン・フンミン)のインスタグラムに冷やかしのコメントを載せた。これに怒った韓国サッカーファンは暴言で対抗し、孫興民のSNSが両国サッカーファンの舌戦の場になった。(孫興民のインスタグラムのキャプチャー)
    TOP