주요 기사 바로가기

日本で打ち上げられるUAE初の「国産衛星」は韓国中小企業の作品(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.08.08 16:39
0
「アラブ首長国連邦(UAE)で製作された最初の衛星」「KhalifaSat(カリファサット)がUAE宇宙産業の新たな時代を開く」

中東の富国として名を馳せたUAEのムハンマド・ビン・ラシド宇宙センター(MBRSC)は最近、祭りを控えたような雰囲気に包まれている。今年10月に打ち上げられる観測人工衛星「KhalifaSat」のための特設サイトを作って広報に熱を上げている。このサイトにはKhalifaSatが開発された背景と産業的意味、今後の日程について詳しく紹介している。

UAEから東に6700キロ離れた韓国大田大徳(テジョン・テドク)特区のある民間建物1階。保安ガラス窓の向こう側に縦×横×高さがそれぞれ4メートルの正六面体をしたアイボリー色のコンテナが見えた。コンテナの中にはUAEが誇る「最初の国産衛星」KhalifaSatが入っている。この衛星は今年10月、日本九州最南端の鹿児島県種子島宇宙センターから日本H2Aロケットに搭載されて高度600キロメートルの地球低軌道の周回を始める予定だ。高さ2メートル、重さ300キログラムのこの衛星は、横断歩道の白線まで識別できる70センチ級解像度を備えている。

日本で打ち上げられるUAEの「国産衛星」がなぜ大韓民国にあるのだろうか。事実、UAE産衛星というKhalifaSatのもともとの名前は「DubaiSat(ドバイサット)」だった。従来のメーカーは韓国の小型人工衛星製作ベンチャー企業「サトレックアイ(SaTReC Initiative、SI)社だ。同社がUAEの人工衛星を作ったのは今回が初めてでない。2009年DubaiSat-1、2013年DubaiSat-2に続き、今回が3度目だ。1、2号機はサトレックアイが全面的に作ったが、KhalifaSatに名前を変えた3号機はUAEで現地の技術人材と共同で作った。一種の技術移転形態だ。UAEが自国初の国産衛星と呼ぶのもこのような理由からだ。KhalifaSatが「母国」を訪れたのは、打ち上げ前の最終点検のためだ。

サトレックアイはこれまでUAEなど10カ国で16基の衛星製作に参加した。このうちマレーシアとスペイン、UAEの衛星4基は最初から最後まで単独で製作した。サトレックアイは高解像度のカメラを装着した低軌道用小型観測衛星を主に製造している。これまで輸出した衛星は解像度70センチ級が最高だったが、最近解像度50センチ級の観測衛星「SpaceEye-X」の開発も終えた状態だ。
日本で打ち上げられるUAE初の「国産衛星」は韓国中小企業の作品(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本で打ち上げられるUAE初の「国産衛星」は韓国中小企業の作品(1)

    2018.08.08 16:39
    뉴스 메뉴 보기
    韓国ベンチャー企業サトレックアイが製作したUAEの人工衛星「DubaiSat-2」。
    TOP