주요 기사 바로가기

ソウル訪問観光客、どこで何をするだろうか=観光実態調査

ⓒ 中央日報日本語版2018.08.08 11:51
0
ソウル市がソウルを訪ねた外国人観光客3000人を対象にした観光実態調査の結果を8日、発表した。

ソウル市が発表した「2018ソウル市外来観光客実態調査」によれば、調査対象となった外国人観光客のうち55.3%が余暇・休暇を目的にソウルを訪問した。

外国人観光客が最も多く訪れたところは明洞(ミョンドン、83.8%)だった。明洞で最も多く訪れたところはロッテ百貨店(52.7%)で、ロッテ免税店(48.9%)、Nソウルタワー(45.3%)、4大故宮(44.2%)の順だった。

ソウルでの主な活動は、買い物が92.1%で最も高かった。引き続き、グルメ観光(78.9%)、故宮/歴史遺跡訪問(41.8%)、自然景観の感想(30.5%)、伝統文化体験(30.1%)の順だった。

主な買い物の場所は市内免税店が57.0%で最も多く、伝統市場(50.5%)、デパート(49.8%)の順だった。彼らが購入した商品は化粧品(68.1%)、衣類(55.1%)、食料品(39%)の順だった。

韓国で経験した食べ物の種類は韓国料理が94.3%で最も多く、屋台料理(64.5%)、カフェ/コーヒー専門店(49.6%)の順だった。外国人観光客は食事の際、料理の味(83.5%)を最も多く考慮し、適正な価格(39.5%)、メニューの多様性(28%)なども考慮された。

一方、外国人観光客のソウル再訪問率は48.6%で、昨年同期間の調査(42.5%)より6.1%上昇した。ソウル市はソウルを訪問した外国人観光客の89.7%がソウルを再び訪れたいという意向を明らかにしたと伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ソウル訪問観光客、どこで何をするだろうか=観光実態調査

    2018.08.08 11:51
    뉴스 메뉴 보기
    今月2日、ソウル明洞通りで代表的な新概念Kフード「へオリカムジャ」(渦巻状にスライスしたジャガイモのスナック)を外国観光客が珍しそうに見ている。
    TOP