주요 기사 바로가기

在日同胞女優「チョ・ジェヒョンの性暴力被害で妊娠もできなくなった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.08.08 07:16
0
在日同胞女優のFさんがチョ・ジェヒョンさんの性暴力被害で人生がめちゃくちゃになったと韓国のテレビ番組を通じて主張した。

7日、MBC(文化放送)の時事報道番組『PD手帳』では「巨匠の素顔、その後」編が放送された。

この日の『PD手帳』は、映画監督キム・ギドクさんが出した『PD手帳』放送禁止仮処分申請がすべて棄却されたことで放送された。

今年3月の放送で、キム・ギドクさんと俳優チョ・ジェヒョンさんの性暴力疑惑が公開された中で、この日の放送ではチョ・ジェヒョンさんから被害に遭ったという在日同胞女優のインタビューが公開された。

この日の放送は3月に放送された「映画監督キム・ギドク、巨匠の素顔」の後編で、キム・ギドクさんとチョ・ジェヒョンさんの性暴力疑惑に関連した追加情報の提供や被害者の2次被害などの内容を紹介した。

Fさんは、2000年代初期、撮影現場のトイレに閉じ込められてチョ・ジェヒョンさんから性的暴行を受けたと暴露した。Fさんは当時の状況について「(チョ・ジェヒョンが)ただ親切にしてくれた。

韓国語のセリフを覚えることがとても大変で、撮影が終わってアドバイスをくれながら優しくしてくれた」とし「3カ月が経ったころ、演技を教えてあげるからついておいでと言われて手を握られ連れていかれた。階段を上ったり降りたりを繰り返して、誰も使っていない真っ暗なトイレに私を連れて行って男子トイレの奥まで連れて行って鍵をかけ、私にキスをした」と説明した。続いてFさんは「驚いて『何をするのですか』と大声を出したところ、私の口をふさいでズボンを脱いだ」と話した。

当時、チョ・ジェヒョンさんに会ったというFさんの母親は、この日のインタビューに「チョ・ジェヒョンがひざまずいて死ぬほどの罪を犯したと言って、自分の夫人は精神病院に通っているので許してほしいと私にお願いした。日本で生まれたので開放的な人間だと思ったと話した」と答えた。

この日Fさんは「私の人生がこのようにめちゃくちゃになったのはチョ・ジェヒョンのせいだと考えている。その後は男性不信になって結婚もできず、非常に多くの薬を飲み、多分もう子供も産むことはできない」とチョ・ジェヒョンを恨んだ。

だが、これに対し、チョ・ジェヒョンさん側の弁護人は「トイレではそのような関係そのものが全くない」とFさんの主張を全面否定した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    在日同胞女優「チョ・ジェヒョンの性暴力被害で妊娠もできなくなった」

    2018.08.08 07:16
    뉴스 메뉴 보기
    俳優のチョ・ジェヒョンさん
    TOP