주요 기사 바로가기

<アジア大会>「対北制裁で…」 南北合同チームは韓国産ユニホーム着用

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.07.31 15:23
0
2018アジア競技大会(ジャカルタ・パレンバン)に参加する南北合同チームがグローバルブランドでなく韓国の中小企業が製作したユニホームで大会に出場する予定だ。対北朝鮮制裁のためだ。

8月18日に開幕するアジア競技大会ではバスケット女子、カヌー、ボートの3種目で南北合同チームが結成される。南北合同チームに属する北朝鮮選手は29日に仁川(インチョン)国際空港に到着、カヌー、ボートの選手は30日に韓国選手と合同練習を始めた。

しかし韓国選手はこれまで着ていたユニホームを着ることができない。北朝鮮の核実験による国際社会の制裁のためだ。国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議と米国の独自制裁などで関連製品、サービスの対北朝鮮輸出と再輸出を禁止しているため、選手が着るユニホームと装備も影響を受けることになった。

韓国女子バスケット代表はグローバルブランドのナイキがスポンサーとなって支援している。また、カヌーは日本ブランドのデサントと5月にスポンサー契約を結んだ状態だ。しかし南北合同チームと関係がある選手はすべて韓国企業が製作したユニホームを着て出場する。ボートの場合は国内の製作会社がスポンサーであり、南北合同チームも同社が製作したユニホームを着て出場する。すでに29日に北朝鮮選手の身体サイズを確認し、ユニホーム製作に着手した状態だ。

これに先立ち2月に開催された平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)でも似た事例があった。当時、南北女子アイスホッケー合同チームは、韓国代表チームが従来着ていたナイキのユニホームの代わりに、フィンランドのテクラ(TEKLA)が製作したユニホームを着て大会に出場した。アイスホッケーは各国が独自にユニホームを製作することができない。ユニホームを製作した国際アイスホッケー連盟は米国産ブランドのナイキのユニホームを着用させた他の出場国とは違い、南北合同チームには世界選手権下部リーグのチームが着るといわれるTEKLAのユニホームを着用させた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP