주요 기사 바로가기

韓国の犬肉経験者、75%が周囲の勧誘で食べた

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.07.29 13:11
0
犬肉を食べた経験のある人の10人に7人は他人の勧誘により摂取したという調査結果が出された。

動物権行動団体「カラ」と動物自由連帯が19歳以上の男女1006人を対象に調査し、27日に発表した結果によると、全回答者のうち47.5%が「一度も食べたことがない」と答えた。

「(過去には食べたが)最近は食べない」が39.4%、「最近も食べている」は13.0%だった。

女性と30代以下の年齢層では犬肉を食べたことがない割合が食べたことがある割合より高かったが、男性と50代以上の年齢層は犬肉を食べた経験者の割合が高かった。

犬肉経験者のうち47.1%が犬肉を「周囲の勧誘により自然に摂取した」と答えた。「周囲の勧誘でやむを得ず摂取した」という回答は27.3%、「ほとんど自発的に摂取した」は24.3%だった。

周囲の勧誘による非自発的な犬肉摂取の割合は女性と30代以下の年齢層で相対的に高かった。自発的摂取は40~50代で相対的に多かった。

全回答者の70.2%は今後犬肉を食べる意向がないと明らかにした。性別で見れば女性の84.0%、男性の56.1%が犬肉を食べないと答えた。

自発的な摂取の意向がないという回答者はその理由として「ペットとして認識」(42.5%)を最も多く挙げた。次いで「非人間的な取り扱いと屠殺の懸念」(24.0%)、「衛生への懸念」(10.5%)などの順だった。

犬肉摂取について全回答者の59.6%が「良くないと感じる」と答え、「良いと感じる」は15.7%、「判断保留」は17.0%だった。

犬肉摂取を肯定的に認識する人のうち38.0%は「健康に良い・栄養食なので」と答えた。次いで「ひとつの食べ物なので」(10.1%)、「おいしいので」(9.4%)などの順となった。

これに対し犬肉摂取を否定的に認識する理由では「ペットなので」(37.1%)が最も高い割合を占めた。次いで「人と交感(疎通)する存在なので」(13.3%)、「非人道的屠殺過程」(6.1%)などが挙げられた。

全回答者のうち68.2%は犬肉産業が次第に衰退すると予想した。「現在の水準を維持するだろう」という回答は29.3%、「さらに活性化するだろう」という回答は2.5%だった。

衰退までにかかる予想所要期間に対しては回答者の35.5%が「10~20年以内」、14.2%が「10年以内」を予想した。

動物保護団体関係者は「犬肉の食用と関連した認識調査の結果、犬肉を食べたくないが周囲の勧誘で食べることになる場合が多い。相手に犬肉を食べることを強要する文化を根絶しなければならない」と明らかにした。

今回の調査は先月韓国ギャラップに依頼して行われた。誤差範囲は±3.10ポイント、信頼水準95%だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP