주요 기사 바로가기

韓国映画『人狼』の原作者、「日本ではこのような映画は作れない」

ⓒ 中央日報日本語版2018.07.27 11:26
0
韓国の新作映画『人狼(原題の日本語訳)』を、この映画の原作者で、「攻殻機動隊」を作った日本アニメーション界の巨匠、押井守監督が絶賛した。

26日、ワーナー・ブラザーズ・コリアによると、原作漫画だけでなくアニメーション『人狼 JIN-ROH』の製作総括を担当した押井守監督が最近『人狼』を見て、「色々考えさせられる非常に力のある作品だ」と評価した。また、「映画の中の世界観、各人物のストーリーがリアルだった。何よりキャラクターが魅力的だった」と話した。

特に「日本ではこのような映画は作れない。ハリウッドのような撮影所に驚いた。これだけのアクションシーンを撮るのも難しい。描くのも着るのも大変な強化服を着てアクション演技をすることに驚いたし、ポイントの真っ赤な目も完璧に実現された」と絶賛した。

25日に公開された『人狼』は韓国と北朝鮮が統一準備5カ年計画を宣言した後、反統一テロ団体が登場した混沌の2029年を背景に、警察組織「特機隊」と情報機関の「公安部」を中心に、絶対権力機関の間の息詰まる対決の中、オオカミと呼ばれる人間兵器『人狼』の活躍ぶりを描く。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国映画『人狼』の原作者、「日本ではこのような映画は作れない」

    2018.07.27 11:26
    뉴스 메뉴 보기
    韓国映画『人狼』のポスター
    TOP