주요 기사 바로가기

<Mr.ミリタリー>北東アジアのステルス戦争、韓国だけが後進国?(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.07.20 11:38
0
ステルス戦争が本格化している。今年末に韓国空軍には第5世代ステルス戦闘機F-35が導入される。日本はすでに保有している。昨年、北朝鮮への制裁が強まった当時、米国はB-2ステルス爆撃機とF-22ラプターおよびF-35ステルス戦闘機を動員して北朝鮮に圧力を加えた。韓半島(朝鮮半島)上空を飛行する米空軍のステルス機に驚いた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長は外部活動を控えた。こうした中、中国とロシアもステルス戦闘機の本格稼働に入った。北東アジアの空はすでにステルスの戦場となっている。

21世紀の戦争でのゲームチェンジャーはステルス武器だ。相手に気づかれずに戦闘任務を遂行できるステルス武器体系と戦闘服などだ。ステルス戦闘機は敵機を先に発見して空対空ミサイルで勝負を終えることができる。ステルス技術で作った戦闘服と戦闘装備で武装した特殊部隊や海兵隊が敵陣や海岸に上陸すれば、敵のレーダーや赤外線探知機で発見されにくい。その後の結果はどうなるだろうか。ステルス戦闘服は周辺の森や建物と同じように見え、敵陣の防御を突破して浸透できる。目に見えない敵の奇襲を受ければ、その結果は明白だ。激戦が繰り広げられる戦場で敵が肉眼はもちろん赤外線探知機でも確認できない戦車で攻撃してくる場合、その恐怖は言葉で言い表せない。すでに軍事先進国はこうしたステルス武器体系を確保しようと血眼になっている。

ステルス武器の代表は戦闘機だ。第5世代戦闘機の核心機能がステルスといえる。このうち米空軍のF-22とF-35戦闘機、B-2爆撃機が名声を得ている。これらステルス機は米本土と在日米空軍基地などに配備されている。1機が3億6000万ドルにのぼるF-22ラプターは米議会が世界のどの戦闘機と空中戦をしても勝てるよう注文して開発された。2005年から米空軍が運営してきた。戦闘機の最強だ。空対空および空対地ミサイルはもちろん燃料タンクまで戦闘機の内部に搭載する。レーダー波の反射を減らすためだ。

戦闘機構造設計でレーダー波を乱反射させ、ポリマーやガラス繊維などの材質でレーダー波を吸収する。戦闘機の翼と空気吸入口の構造もレーダー波をできるだけ反射しないよう設計された。このため全長19メートルに翼の幅が14メートルの戦闘機が敵のレーダーにはゴルフボールほどの大きさに見える。したがって裸眼で識別できる距離まで近づくまで確認できない。一方、探知範囲500キロのレーダーを搭載したF-22は敵が発見する前にミサイルを発射する。このような性能のために海外への販売が禁止されている。

F-35ライトニングIIはF-22の技術を集めて開発した普及型だ。空軍(F-35A)・海軍(Cタイプ)・海兵隊用(Bタイプ、垂直離着陸機)の3つを開発した。3080機を生産するため相対的に生産単価は低下した。韓国空軍もFX事業として40機のF-35Aを購買することにした。FX事業決定当時、F-15SEやユーロファイターなどと競合したが、評価委員はすべての項目でF-35Aに最高点をつけた。今後、北東アジアの環境で生存するにはステルス機が必須という判断に基づくとみられる。

空軍に導入されるF-35Aはまず北朝鮮の弾道ミサイルなどを除去するキルチェーンの役割をするが、その後は中国など周辺国のステルス機を牽制する手段となる。海軍が独島(ドクト)艦3番艦を建造すれば、韓国も垂直離着陸F-35Bを購買する可能性がある。このような特性を考慮し、日本(42機)、英国(138機)、イスラエル(50機)など10余りの友好国が購入した。ラプターよりも小さいが、そのほかの構造と特性は似ている。特にF-35の間では敵への露出が少ないステルス通信で膨大な情報を交わす。このため従来の戦闘機のように編隊の隊形を維持する必要もなく遠く離れて任務を遂行し、作戦範囲が広まる。
<Mr.ミリタリー>北東アジアのステルス戦争、韓国だけが後進国?(2)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP