주요 기사 바로가기

米国務長官「北朝鮮の非核化まで制裁続ける」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.07.09 13:45
0
ポンペオ米国務長官は8日、「最終的で、完全かつ検証された非核化(FFVD)をするまで北朝鮮に対する制裁を維持する」と明らかにした。東京で開かれた韓日米外相会談後の記者会見でだ。ポンペオ長官は6-7日、平壌(ピョンヤン)に滞在しながら金英哲(キム・ヨンチョル)労働党副委員長と非核化問題などについて議論した後、日本を訪問した。

ポンペオ長官は米朝交渉について「善意を持って生産的な対話をした。進展があった」としながらも「対話の進展は前向きだが、これだけで従来の対北朝鮮制裁の緩和を正当化することはできない」と強調した。

ポンペオ長官は北朝鮮を訪問する前、「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化(CVID)」の代わりに「FFVD」に表現を変え、交渉の焦点が査察・検証にあることを示唆した。しかし非核化ロードマップや査察・検証に関する合意は最後まで出てこなかった。

ポンペオ長官は「北朝鮮は完全な非核化の約束を再確認した。非核化の時刻表についても多くの話をした」としながらも「するべきことはまだ多い」と話した。ただ、ポンペオ長官は「彼ら(北朝鮮)も検証がない非核化は話にならないという点を理解して認めた」と強調した。

北朝鮮は前日、外務省報道官の談話で高官級会談の結果について「遺憾」という立場を表した。北朝鮮は「米国側はシンガポールでの首脳会談の精神に背くようにCVID、申告、検証などと話しながら、一方的に強盗のような非核化要求ばかり持ち出した」と批判した。これに対しポンペオ長官は「我々の要求が強盗のようなら全世界が強盗だ」と反論した。また金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に会えなかったことについて「もともと会う計画はなかった」と説明した。

今後の米朝交渉は難航が予想される。12日の米兵遺骨送還のための交渉を除いて後続の実務交渉日程は未定の状態だ。この日、海外メディアは米国務省のナウアート報道官の言葉を引用して「米朝がワーキンググループを構成することにした」と伝え、ソン・キム駐フィリピン米国大使が米国側代表を務めると報じた。

申範チョル(シン・ボムチョル)峨山政策研究院安保統一センター長は「北は意図的な遅延戦術を使っていて、米国は対話のモメンタムは維持するという立場」とし「(北朝鮮の要求のように)終戦宣言とミサイルエンジン試験場解体などを一つずつ交換することになれば交渉は長期化し、さらに難しくなるしかない」と述べた。

一方、東京のある外交筋はポンペオ長官が韓日米外相会談での非公開発言で、今回の北朝鮮外務省の談話について「おかしい」と語ったと伝えた。ポンペオ長官は「北朝鮮が米国の考えに拒否感を表したり『できない』と述べたりしなかった」とし「北朝鮮特有の交渉戦術かもしれない」という趣旨の発言をしたという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP