주요 기사 바로가기

韓国外交部長官の「米国国籍」長女、韓国国籍を回復

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.07.03 13:27
0
韓国外交部の康京和(カン・ギョンファ)長官の人事聴聞会の時に、米国国籍で問題になった長女が韓国国籍を回復した。

3日、法務部は電子官報に掲載した告示を通じて、康長官の長女イさん(34)に対する国籍回復を許可すると明らかにした。イさんは康長官が留学中だった1984年に米国で生まれて先天的二重国籍者となり、2006年に、国籍法上の国籍選択義務規定により韓国国籍を喪失して米国国籍を選択した。

長女の国籍が議論になると、康長官は昨年5月の人事聴聞会で韓国国籍回復を約束し、直後に回復手続きに着手した。当時、康長官側は「母親が外交長官として米国と外交交渉や協議などを進めなければならない状況が続くはずだが、娘が米国国籍を継続して持っているのは適切ではないと判断した」と説明した。

だが、6月の就任から4カ月が過ぎた10月までの時点でも回復申請をしておらず、批判を受けたりもした。当時、外交部は「必要書類を準備するのに時間がかかり、やむをえず期間が必要とされる」と説明した。

イさんは現在、一時的な二重国籍状態だ。国籍法により1年以内に米国国籍を放棄しなければならない。外交部当局者は「直ちに米国国籍喪失手続きを始める予定だ。米国税庁の調査など手続きがあるので、通常的は今後6カ月~1年かかるものとみられる」と説明した。

イさんが韓国国籍を回復する前に米国国籍を先に放棄しなかった理由に対し、外交部は「イさんは米国国籍者だったため、米国国籍から喪失してしまえば無国籍者になる状況だった。このため優先的に韓国国籍回復手続きから踏んだ」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国外交部長官の「米国国籍」長女、韓国国籍を回復

    2018.07.03 13:27
    뉴스 메뉴 보기
    韓国の康京和外交部長官が6月18日午前、ソウル都染洞外交部庁舎で就任1周年を迎えてメディア向けの記者会見を行っている。
    TOP