주요 기사 바로가기

韓国アシアナ、2日連続「ノーミール」…機内食協力会社代表が遺体で発見

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.07.03 07:20
0
アシアナ航空に機内食を供給していたフライトケータリング会社の協力会社代表が自殺をした。警察は航空機に機内食を正常に供給することができずに一部航空便が遅れて社会的問題になったことで自ら命を絶ったとみている。

2日、警察によると、この日午前9時30分ごろ、仁川市西区青羅国際都市(インチョンシ・ソグ・チョンラクッチェドシ)のアパートで、シャープ・ドゥアンドコ(Sharp DO&CO)の協力会社代表Aさんが首を吊って亡くなった状態で見つかった。Aさんの家族が発見し、警察に届出た。遺書は見つからなかったという。遺族は警察の事情聴取で「前日、機内食納品問題で非常に大変だと話していた」と述べたという。警察は遺族や会社関係者などに対して正確な死因を調査中だと明らかにした。

Aさんの会社はアシアナに機内食を供給するシャープ・ドゥアンドコの協力会社で、当初は今月1日に仁川国際空港から出発予定だったアシアナ航空国際線82便に機内食を納品することになっていた。だが、機内食の納品が遅れたことで81便に遅れが出た。このうち12便は機内食を積み込むことができないまま次の目的日に向けて出発した。シャープ・ドゥアンドコはAさんの会社を含め4社と協力して機内食を納品している。

機内食なしで飛行機が出発するアシアナの「ノーミール(No Meal)事態」は2日間続いている。アシアナ航空はこの日、75便の国際線旅客機のうち16便が機内食が準備できないまま出発したと明らかにした。18便に搭乗した人員は3000人余りになる。ノーミールによって1時間以上遅延出発した旅客機も7便に達した。

これに先立ち、ノーミール騒動が始まった1日、アシアナ航空国際線旅客機80便中51便に1時間以上の遅れが出たほか、36便は機内食を積み込むことができない状態で出発した。

ノーミール航空便は中国・日本など短距離国際路線に多い。アシアナ航空側は機内食のない飛行機に搭乗した乗客に30~50ドルの商品券を支給することで対応している。だが、一日の乗客数が2万~3万人に達しているだけに、乗客が感じる不便はそう簡単に静まらない。特に旅行客が増えるシーズンを迎えて混乱が加重されている局面だ。

仁川空港公社関係者は「1日に比べると混乱はないが、遅延出発などによって不満を吐露する乗客は相変わらずだ」と伝えた。

ノーミール事態はアシアナ航空が機内食供給会社を変更したことで発生した。一日3万人分の機内食を供給するLSGから、小規模企業のシャープ・ドゥアンドコに変更する過程で、準備を徹底できなかったという指摘だ。匿名を求めた航空業界関係者は「機内食供給会社を切り替える過程で今回のように大規模なノーミール事態が発生したことはなかった」としながら「準備プロセスが不十分な中で起きたことなので今後余波が長引く可能性もある」と話した。

アシアナ航空関係者は「正常化するまでに2~3日ほどかかるだろう」と話した。協力会社代表Aさんの死に対しては「残念だ」とコメントした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP