주요 기사 바로가기

日本サッカー拙戦論争に菅官房長官「ルールの中の戦略」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.06.29 15:15
0
2018ロシアワールドカップ(W杯)グループリーグ最終戦でポーランドに1対0にリードされた状況でボールを回して時間稼ぎをした日本代表チームの拙戦論争に対し、日本政府報道官の菅義偉官房長官が「ルールの中で様々なことを考えた上での戦略だったんだろうと思う」と述べた。

菅氏は29日午前の定例記者会見で「最後は時間稼ぎのパス回しで会場からブーイングが出た」という記者の質問にこのように答え、「重要なことはグループリーグを突破することであり、それを成し遂げたことは、素直に喜びたい」と述べた。

菅氏は日本代表が累積警告数でセネガルに競り勝ち、かろうじて決勝トーナメントへの進出を果たしたことに対しては「日本チームのフェアな戦いぶりがこういう形で評価されたのは大変よかった」と主張しながら「(今大会は)それだけどのチームが勝ってもおかしくない、(各国の戦力差が)拮抗していた中で紙一重の戦いだった」と述べた。

菅氏は国際サッカー連盟(FIFA)ランキング3位の強豪ベルギーと激突する決勝トーナメント1回戦について「(日本は)アジア勢で唯一のグループリーグ突破となった」とし「アジアの代表して延長でもPKでも良いから、わずかでも相手を上回るよう、強い気持ち、そして持てる力を出し切って戦ってほしい」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP