주요 기사 바로가기

<W杯>アジアの希望は日本だけ? 豪州も敗退

ⓒ 中央日報日本語版2018.06.27 13:31
0
2018ロシアワールドカップ(W杯)でアジアチームが次々と敗退している。

26日(日本時間)ニジニ・ノヴゴロド・スタジアムで行われた2018ロシアW杯グループリーグC組第3戦で豪州がペルーに2-0で敗れ、決勝トーナメント(16強)進出を果たせなかった。

対戦相手のペルーはすでに敗退が決まっていたため、豪州が勝つという予想が多かった。しかし豪州は前半18分にペルーのアンドレ・カリージョに先制ゴールを決められ、後半5分にパオロ・ゲレーロに追加点を許した。

27日現在、ロシアW杯に出場したアジアサッカー連盟(AFC)5チームのうちサウジアラビアとイラン、豪州が順にグループリーグで敗退し、韓国と日本だけが残っている。しかし韓国は現在まで勝ち点1も獲得していないうえ、世界ランキング1位のドイツに勝って16強入りする可能性はかなり低い。

一方、1勝1分けの日本はH組首位タイで16強進出が有力視されている。日本は28日の最終戦で、すでに敗退が決まっているポーランドと引き分けても自力で16強入りする。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP