주요 기사 바로가기

<W杯>海外の日本サッカー賛辞…「サムライはあきらめない」

ⓒ 中央日報日本語版2018.06.26 06:56
0
2018ワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本のベスト16進出への可能性が高くなる中で、海外報道機関やサッカー界の著名人らが日本サッカーに対して賛辞を送っている。

日本は25日、エカテリンブルク・アリーナで開かれた2018年国際サッカー連盟(FIFA)ロシアW杯グループリーグH組第2戦でセネガルと2-2で引分けた。これで日本は勝点4点でセネガルと共にグループ首位タイとなり、ベスト16強進出への可能性を高めた。

試合が終わった後、セネガルのサディオ・マネは「日本は過小評価できないチーム。彼らは多くの機会を作り、2ゴールも入れた」と話した。セネガルのアリュー・シセ監督も「日本がより良いチームであるということを認めなければならない。日本は準備した通りの試合をした。日本は技術的に立派なチームだった」と賛辞を送った。

英国サッカーのレジェンド、ゲーリー・リネカー氏は自身のSNSを通じて「日本は楽しいサッカーをしている」と日本サッカーを称えた。また、イタリアの元サッカー選手アレッサンドロ・デル・ピエロ氏は「サムライは決して諦めない」とし「日本とセネガルの一戦は最高に面白いゲームだった」とあるメディアのインタビューで答えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP