주요 기사 바로가기

<W杯>一時は外されたベテラン選手…クラスを立証した本田

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.06.25 07:48
0
ベテランの存在感は大きかった。一時は代表チームから外れるようだったが、かろうじてワールドカップ(W杯)3大会連続出場を果たしたベテランは、自身の真価を見せながら勝ち点1獲得に寄与した。日本代表のMF本田圭佑(32)のことだ。

25日にロシア・エカテリンブルクで行われた2018ロシアワールドカップ(W杯)グループリーグH組第2戦のセネガル戦で本田は後半27分に交代投入された。セネガルのムサ・ワゲに追加ゴールを奪われて1-2とリードを許した後に投入された本田は、後半33分、自分に訪れた最初のチャンスにゴールを決めた。大迫勇也のクロスからペナルティーエリア左に流れたボールに乾貴士が追いつくと、ゴール前にいた本田にすばやくパスを出した。本田はGKが跳び出していたのを見てそのまま左足でシュートし、ゴールネットを揺らした。このゴールで日本はセネガルに追いつき、2-2で引き分けた。日本は1勝1分け(勝ち点4)でセネガルと並んで首位タイ。

2010年前後から日本代表の中心選手となった本田は前任のヴァヒド・ハリルホジッチ監督の在任中に葛藤説が生じるなど十分な機会を得られなかった。昨年10月にW杯最終予選第8戦でイラクと引き分けた後、本田がハリルホジッチ監督の消極的な戦術と指示方法に不満を表すと、11月に最終予選でエントリーから除外されたりもした。しかし4月にハリルホジッチ監督が成績不振で退き、西野朗監督が指揮棒を握ると、「経験が必要」として本田がまた呼ばれた。本田はW杯を控えてチームを引き締める言葉で雰囲気を盛り上げた。

代表チームに戻ってきた本田の能力を疑う声もあった。いくつかの日本メディアは本田について「ビッグマウス」と批判することもした。しかし本田は自らこれを払拭し、自分の価値を証明した。経験に基づく存在感を見せた本田はコロンビア戦の決勝ゴールアシストに続き、セネガル戦で貴重な同点ゴールを決め、クラスを立証した。2010年南アフリカ大会での2得点、2014年ブラジル大会での1得点に続き、2018年のロシア大会でも1得点した本田は、日本選手では初のW杯3大会連続得点者となった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP