주요 기사 바로가기

「最近の子ども、親の世代よりIQ低下」=ノルウェー経済研が発表

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2018.06.23 09:59
0
知能指数(IQ)が落ちている。ノルウェーのラグナル・フリッシュ経済研究所(RFCER)のオルレ・ロゲベルグ副所長らはノルウェー人73万人のIQデータを分析した結果に基づき、「1975年以降、世代別のIQが落ちている」という研究結果を先週発表した。

ロゲベルグ副所長は今週、韓国の中央SUNDAYのインタビューで「73万人のIQデータを分析してみると、91年生まれが75年生まれより平均的に5ほど、62年生まれより3ほど低かった」と明らかにした。特に「IQの低下はノルウェーだけのことではない」とし「米国・英国・フランス・ドイツ・フィンランド・オーストラリア・メキシコなど西側世界で幅広く見られる」と説明した。

このような流れは2014年に米ハートフォード大研究チームによって予測されていた。当時ハートフォード大研究チームは「人間の平均IQは現在88程度であり、2110年には84ほどまで落ちる可能性がある」と予想した。

低下の原因についてロゲベルグ副所長は▼学習時間・強度の減少▼デジタル化など環境的な要因を挙げた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP