주요 기사 바로가기

<W杯>韓国サッカーの理想と現実のかい離…解説委員が指摘

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.06.21 11:44
0
Kリーグで活躍するプロサッカー選手の李根鎬(イ・グノ)が2018ロシアワールドカップ(W杯)に出場中のサッカー韓国代表について「韓国サッカーがいつから16強を当然のように眺めるようになったのか」と遺憾を表した。

李根鎬は20日、韓国-スウェーデン戦が行われたニジニ・ノヴゴロド・スタジアムのメディアセンターで「実際、私たちはいろいろと計算をするレベルの国ではない」と述べ、理想と現実のかい離についてこのように語った。続いて「メキシコが第1戦で勝ったから第2戦で韓国はどのようにすべきか、韓国が第1戦でスウェーデンに敗れたから第2戦はどうすべきか…実際、W杯で韓国サッカーはそのような位置にいないのでは」とし「韓国はただ一戦一戦を最後だという気持ちで最善を尽くすだけ」と述べた。

李根鎬は「ここに来てから選手たちにも会い、夜に数人の選手と電話もしたが、全体的に雰囲気やコンディションは悪くないようだ。頑張ってくれると信じている。うまくいくはず」と選手たちを励ました。

放送局の解説委員としてロシアに来ている李根鎬はこの日、「サッカーシューズを置いてきた」と言いながら明るい姿を見せた。李根鎬は直前にひざの靭帯を負傷して今回のW杯に出場できなかった。李根鎬は「私はすでに気持ちを整理しているが、周囲の人々が気にしてくれているようだ。私は大丈夫なので、普通に接していただければありがたい」と話した。

サッカー韓国代表はW杯本大会に9回出場し、通算成績は31戦5勝17敗9分け、31得点67失点で、ベスト4が1回、ベスト16が1回だ。大会別には▼1954年スイスW杯(2敗)▼1986年メキシコW杯(2敗1分け)▼1990年イタリアW杯(3敗)▼1994年米国W杯(1敗2分け)▼1998年フランスW杯(2敗1分け)▼2002年韓日W杯(4勝2敗1分け)▼2006年ドイツW杯(1勝1敗1分け)▼2010年南アフリカW杯(1勝2敗1分け)▼2014年ブラジルW杯(2敗1分け)--。

一方、プロサッカーKリーグ1の蔚山(ウルサン)現代は李根鎬を獲得したと明らかにした。蔚山現代は「江原(カンウォン)FCから李根鎬を獲得した」とし「2012年に蔚山現代のアジアサッカー連盟(AFC)優勝に寄与したFW李根鎬が6シーズンぶりに復帰することになった」と発表した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP