주요 기사 바로가기

北が脅した「ソウル火の海」兵器、長射程砲の撤収を要求する

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.06.18 13:13
0
韓米が非核化と対北朝鮮安全保障を議論する米朝対話期間中には合同軍事演習を中断する側に方向を固めた。しかし北朝鮮が会談に誠実に臨まない場合にはいつでも再開するという方針を立てた。

韓国政府当局者は17日、「15日午前0時に韓米国防長官が通話をした後、両国軍が合同演習問題を協議している。米国側の意思を尊重し合同演習を暫定中断する側で進んでいる」と話した。彼は「早ければ今週初めにも公式発表があるだろう」と伝えた。中断対象に挙がった合同演習は、韓半島(朝鮮半島)での全面戦争を仮定して毎年上半期に行われるキー・リゾルブ(KR)、フォール・イーグル(FE)と、下半期に実施する乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン(UFG)などだ。8月に予定された乙支フリーダム・ガーディアン練習から適用される可能性が大きい。

韓米はまた、合同演習の中断に「スナップバック」という但し書きを付けることにした。スナップバックは条件を満たさない場合には以前に復帰する措置を称する。北朝鮮が米朝対話で見返りだけを望み非核化を履行していないと判断する場合には合同演習を再開するという意味だ。

韓米両国が合同演習延期に方向を定めた中、国防部は後続南北軍事会談で軍事境界線(MDL)近隣に配置された北朝鮮の長射程砲を後方に撤収することを要求することにした。韓国政府当局者は「南北首脳は4・27板門店(パンムンジョム)宣言で韓半島の軍事的緊張状態を緩和し戦争リスクを解消することに同意した。韓国首都圏の実質的脅威である北朝鮮の長射程砲を30~40キロメートル後に下げる案を会談の議題に出す方針だ」と話した。

長射程砲はソウルを射程距離に置く北朝鮮の野砲と放射砲(多連装ロケット)を意味する。1994年3月19日の板門店南北実務接触の際に北朝鮮側の朴英洙(パク・ヨンス)団長が「ここからソウルは遠くない。戦争が起きれば火の海となる」と脅迫した「ソウル火の海発言」の根拠だ。

北朝鮮はMDLから10キロメートル以内に350門の長射程砲を配置しているものと軍当局はみている。軍関係者は「170ミリ自走砲150門と240ミリ放射砲200門がソウルを射程距離に置いている。算術的に1時間に1万発を撃てる」と話した。

北朝鮮軍は平沢(ピョンテク)まで飛ぶ300ミリ放射砲36門を最近実戦配置した。化学弾を搭載する場合には核・ミサイル劣らない被害を与えることができる。米国のランド研究所は今月発表した報告書で「北朝鮮軍は開城(ケソン)近くに首都圏を脅かす長射程砲を集中配置した。有事の際に韓米が長射程砲を除去するのに数週間かかるが、それまで数千万人の市民が危険に置かれる」と警告した。このため「北朝鮮の長射程砲は低費用高効果の事実上の戦略兵器」という評価が出ている。

韓米は長射程砲を防ぐために対砲兵レーダーと合同直撃弾(JDAM)、戦術地対地誘導兵器(KTSSM)などを備えている。東豆川(トンドゥチョン)に駐留する在韓米軍第210火力旅団は放射砲制圧が主要任務だ。しかし長射程砲は坑道陣地中にあり発射時だけ坑道外に出てくるため短時間で打撃するのは容易でない。

北朝鮮が長射程砲前方撤収議論を逆に利用しかねないという指摘もある。シン・ウォンシク元合同参謀次長は「北朝鮮は自分たちが相対的に弱い在来式戦力の軍縮を攻勢的に提起するために長射程砲問題を取り出す可能性がある」と懸念する。峨山(アサン)政策研究院のシン・ボンチョル安保統一センター長も「韓国は都市化の進行で空間的制約があるため韓国軍砲兵部隊の後方再配置は北朝鮮が完全な非核化に到達した時だけ可能だ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP