주요 기사 바로가기

<W杯>メキシコがドイツに勝利…同組の韓国代表への影響は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.06.18 09:28
0
2018国際サッカー連盟(FIFA)ロシアワールドカップ(W杯)の優勝候補ドイツがメキシコに0-1で敗れた。これを受け、ドイツ、メキシコ、スウェーデン、韓国が属するF組の今後の流れが注目される。申台龍(シン・テヨン)監督が率いる韓国代表は決勝トーナメント(16強)進出に向けてどんな計画を組むべきなのか。

韓国は18日午後9時、スウェーデンと初戦を行う。この試合で勝利して勝ち点3をマークすれば16強進出の可能性が高まる。しかし残りのメキシコ戦、ドイツ戦でともに敗れる場合、1勝2敗でグループリーグ敗退となる可能性が高い。

スウェーデンと引き分ける場合、第2戦ではF組トップに立ったメキシコと対戦することになる。メキシコ戦で勝利すればドイツとの第3戦が分岐点となる見通しだ。スウェーデン戦で敗れれば敗退が早期に決まる可能性がある。

当初、ドイツが2連勝して16強入りを早期に決めれば、韓国との最終戦は全力で臨まないと予想されていた。しかしドイツが初戦でメキシコに敗れたことで、名誉回復のために韓国を相手に総力戦をする可能性が高まった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP