주요 기사 바로가기

南北の労働界、「わが民族同士で外勢の干渉排撃」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.06.17 11:36
0
南北の労働界が15日に合同で「韓半島(朝鮮半島)平和の時代を迎え平和体制構築を主導して行く」と発表した。6・15南北共同宣言発表18周年を迎えてだ。

韓国の韓国労働組合総連盟(韓国労総)と全国民主労働組合総連盟(民主労総)と、北朝鮮の朝鮮職業総同盟中央委員会はこの日共同で発表した「南北労働者共同宣言文」で、「休戦協定廃棄、平和協定実現に向け南と北の全労働者が先に立って進むだろう。対立と対決の歴史に終止符を打ち、この地の恒久的平和体制を実現するのは民族の共存と共栄を実現するための最も先次的課題だ」と明らかにした。

これら団体はまた、「南北労働者のすべての活動は徹底的に『わが民族同士』の精神、民族自主の原則の下になされるものであり、平和と統一を妨害するすべての外勢の支配と干渉を断固として排撃するのに先頭に立つ」とした。

これら団体が挙げた最も重要な課題は板門店(パンムンジョム)宣言の履行だった。その上で「南北の全労働者は板門店宣言を害しようとする試みに強く対応して戦い、板門店宣言の中断することない履行に向けすべての速度を上げていくだろう」と強調した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP