주요 기사 바로가기

青瓦台「米朝対話進展方案が必要」 韓米訓練一時中断を示唆

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.06.14 06:38
0
青瓦台(チョンワデ、大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は13日、米国のドナルド・トランプ大統領が韓米合同軍事演習の中断方針を明らかにしたことについて、「米朝間の韓半島(朝鮮半島)非核化および関係構築のための真剣な対話が進んでいる期間には、このような対話を一層円滑に進展させることができる方法を講じる必要がある」と述べた。金報道官は「現時点では、トランプ大統領の発言の正確な意味や意図を把握する必要がある」と明らかにした。これは米朝間非核化対話を支援する側面で、韓米合同軍事演習を縮小したり一時中断したりする可能性があるという意味に解釈することができる。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、これに関連して14日午後、国家安全保障会議(NSC)全体会議を主宰して、米朝首脳会談後の対応策などについて話し合う。全体会議では、韓米合同軍事演習問題についても扱う見通しだ。

一方、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は12日(現地時間)、ホワイトハウス官僚の言葉を引用して「マイク・ペンス副大統領が、共和党所属の上院議員との昼食で、年に2回行っているウォーゲーム(war game)は止め、通常の準備態勢訓練は続けると述べた」と報じた。ダナ・ホワイト国防総省報道官は、韓米合同軍事演習の決定に関連して「(トランプ大統領が)事前にジェームズ・マティス国防長官に助言を求めた」と説明した。

マイク・ポンペオ国務長官は13日、「今後2年半分内に北朝鮮非核化の主な成果を達成してほしい」とし「北朝鮮との非核化交渉が中断された場合、韓米軍事演習を再開する」と話したと、AP・ロイター通信が報じた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP