주요 기사 바로가기

北朝鮮の金英哲氏、NYを電撃訪問…トランプ氏「私の手紙に返事」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.05.30 07:15
0
米国のドナルド・トランプ大統領は29日(現地時間)、「金英哲(キム・ヨンチョル)(北朝鮮労働党)副委員長が今、ニューヨーク(NY)に来ている。私の書簡に対する信頼できる返事だ。ありがとう」とツイートした。今月24日、トランプ大統領は首脳会談中止を発表しながら、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長に「心が変わったら私に電話をくれるか手紙を送ってほしい」と伝えていた。これに伴い、今回、金英哲氏が金正恩氏の親書をトランプ大統領に手渡すものとみられる。これは6月12日のシンガポール米朝会談開催を再確定する外交的手続きともとれる。

金英哲氏は北朝鮮外務省北米局のチェ・ガンイル副局長と共に29日午前、高麗航空JS151便で経由地の北京首都国際空港第2ターミナルに到着した。どのような理由があったのか、金英哲氏はこの日午後ワシントン行き、30日午後ニューヨーク行きなど航空便の予約を3~4回変更したことが確認された。金英哲氏が29日の北京滞在中に中国の要人とも接触するのではないかとも見方もあったが、実際に会ったかどうかは確認されなかった。中国外交部は華春瑩報道官は「提供できる情報はない」と述べた。

金英哲氏は2000年趙明禄(チョ・ミョンロク)(人民軍次帥)北朝鮮国防委副委員長以来、米国を訪問する最高位級の要人だ。金英哲氏とトランプ大統領の会談日程はまだ決まっていない。

金英哲氏はまた、訪米期間中にマイク・ポンペオ国務長官と会い、完全な非核化(CVID)と体制保証に関する「ビッグディール(big deal)」について最終調整するという。ポンペオ長官が近く平壌(ピョンヤン)を訪れて金正恩氏と3回目の会談を行い、米朝首脳会談の議題を確定することも考えられる。

27日に会って首脳会談の議題を事前調整した後、2日間を過ごした米国のソン・キム駐フィリピン大使と北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官は30日、板門店(パンムンジョム)で非核化と体制保証構想について再度話し合う。

キム大使が率いる米国実務交渉チームは、28日一日休んで上部の指針を待ち、29日夜遅くまで板門店に移動しなかった。キム大使はこの日、宿泊先のホテルを数回離れたが行き先は確認されていない。キム大使はこの日、マーク・ナッパー駐韓米大使代理と宿泊先のホテルで昼食を共にして議題に関する意見調整を行った。トランプ大統領は28日(現地時間)、ツイッターを通じて「北朝鮮との対話に向けた素晴らしいチームを構成した。首脳会談、そしてそれ以上に関連する協議が現在進められている」と伝えた。この協議が議題を調整している板門店会談なのか、儀典を調整しているシンガポール会談なのかは明示しなかった。

一方、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は米当局関係者の言葉を引用して「北朝鮮との対話が進展する状況で(米国政府が) 北朝鮮に対する数十件余りの追加制裁を無期延期した」と伝えた。WSJは「米国がこの制裁を延期したのは、両首脳(トランプ大統領と金正恩委員長)の会談を復活させるためのもの」と評価した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP