주요 기사 바로가기

トランプ氏「北朝鮮は機会失った」 正恩氏との会談中止へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.05.25 06:32
0
米国のドナルド・トランプ大統領が24日(現地時間)、来月12日に予定されていたシンガポール米朝首脳会談を電撃中止した。当初、韓半島(朝鮮半島)情勢をひっくり返す転機として期待された米朝首脳会談が白紙化した場合、米朝関係はもちろん、南北関係にも深刻な影響が及ぶ見通しだ。トランプ大統領はこの日、「金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長に送った書簡」で「あなたの最近の談話で表れた大きな怒りと公然とした敵対感から考えると、今の時点で、永らく準備してきた会談を行うことは適切ではないと考える」と知らせた。

トランプ大統領は、北朝鮮が咸鏡北道吉州郡(ハムギョンブクド・キルジュグン)の豊渓里(プンゲリ)核実験場を爆破した当日、会談を中止した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領がワシントンで韓米首脳会談を終えた後に帰国した日でもある。トランプ大統領が問題にした最近の「談話」とは、崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官がこの日午前に発表した談話と思われる。崔外務次官はこの談話で「米国が継続して不法非道に出るなら、朝米(米朝)首脳会談再考についての問題を最高指導部に提起する」としながら「米国副大統領のペンスはFOX(フォックス)ニュースとのインタビューで、北朝鮮がリビアの前轍(ぜんてつ)を踏む可能性があるとか…(中略)…身の程知らずな振る舞いをした」と非難した。また「あの者らは先に対話を請託しても、まるで我々が向かい合って座ろうと乞うているかのように世論を誤った方向に導いている」とした。しかし、トランプ大統領は書簡で「我々はその会談が北朝鮮の要請によったものだと聞いたが(informed)、我々にとってその点は全く重要でははない(irrelevant)」と一蹴した。

トランプ大統領は書簡で「あなたの核能力に対して言うが、我々のもの(核能力)がもっと巨大で強力だ。神に祈るが、これを使うことがないよう願う」と警告した。トランプ大統領はまた「世界は、特に北朝鮮は持続可能な平和と偉大な繁栄と豊かさを実現する素晴らしい機会を失った」とした。ただし、トランプ大統領は「(あなたが)心を変えるなら、躊躇(ちゅうちょ)せずに私に電話をかけるか手紙を書いてくるように」と余地を残した。米朝首脳会談の仲裁者に乗り出した韓国政府は傷を負うことになった。青瓦台(チョンワデ、大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官はこの日、「トランプ大統領の意向は何か、正確な意味を把握しようとしているところ」とだけ明らかにした。文大統領はこの日午後11時30分、任鍾皙(イム・ジョンソク)秘書室長、鄭義溶(チョン・ウィヨン)安保室長、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官などを官邸に緊急招集した。

北朝鮮はこの日、韓・米・中・露・英の記者20人余りが参観する中で、豊渓里(プンゲリ)核実験場施設を爆破した。現地取材陣によると、北朝鮮は午前11時の第2坑道を皮切りに5回にわたって、坑道・観測所・付属建物・テントなどを爆破した。北朝鮮核兵器研究所は声明で「核試験場のすべての坑道を爆発の方法で崩落させ、坑道入口を完全に閉鎖した」とし「核試験の中止は世界的な核軍縮のための重要な過程」と明らかにした。これをめぐり、北朝鮮が核放棄ではなく核軍縮を目指しているという解釈が出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    トランプ氏「北朝鮮は機会失った」 正恩氏との会談中止へ

    2018.05.25 06:32
    뉴스 메뉴 보기
    ドナルド・トランプ大統領、金正恩(キム・ジョンウン)委員長
    TOP