주요 기사 바로가기

日本「トランプ大統領の米朝会談延期示唆を高く評価…北非核化が需要」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.05.23 16:01
0
韓米首脳会談でトランプ米大統領が米朝首脳会談の延期を示唆したことについて、野上浩太郎官房副長官は北朝鮮から非核化を引き出すことが重要だとして高く評価した。

野上氏は23日の記者会見で「重要なのは開催すること自体ではなく、会談が核・ミサイル、拉致問題が前進する機会となることだ」という認識を示した。

続いて「トランプ氏が北朝鮮から具体的行動を引き出すべく、強い意志を持って取り組んでいることを高く評価する」とし「(非核化に関連し)米朝首脳会談に向け、日本の考えを伝えながら米国と準備を進める」と強調した。

野上氏は「現在訪米中の河野外相がポンペオ米国務長官に会い、米韓首脳会談の結果について説明を聞く」とし「今後も日米、日米韓の間の緊密な情報共有を続けていく」と述べた。

最近の北朝鮮の強硬基調は中国と関係があるというトランプ大統領の発言について、野上氏は「北朝鮮問題では北朝鮮との貿易額が約90%を占める中国の役割が非常に重要だ」とし、国連安保理対北朝鮮制裁決議を中国が確実に履行しなければいけないと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日本「トランプ大統領の米朝会談延期示唆を高く評価…北非核化が需要」

    2018.05.23 16:01
    뉴스 메뉴 보기
    野上浩太郎官房副長官(中央フォト)
    TOP