주요 기사 바로가기

「旭日旗問題」スティーヴン・ユァン、2回目の謝罪 「自分の無知で傷つけてしまい申し訳ない」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2018.05.14 07:53
0
韓国系米国俳優のスティーヴン・ユァン(スティーブン・ヨン)が旭日旗問題について2回目の謝罪をした。

スティーヴン・ユァンは13日、自身のSNSに「最近、私がちゃんと考えもせずに知人のインスタグラムに掲載された若いころの写真に『いいね!』を押しました。自分の無知で多くの人を傷つけてしまったことについて本当に申し訳なく思います。私の失敗、特にいかなる方式であっても軽く扱ってはいけない歴史の象徴に対する不注意が、どれくらい人々に深く影響を及ぼすのか学ぶことになりました」と綴った。

続いて「多くの人々やファンの方々が心配するメッセージで、この問題に対する自分の無知に気づくことになり、私が先に急いで掲載した謝罪文がより多くの痛みと失望を与えてしまったことを知りました。傷つけてしまった方々にお詫びいたします」と付け加えた。

あわせて、スティーヴン・ユァンは「韓国系米国人のアイデンティティを持つ人間として、この問題を正しく理解しようと努力するべきなのに、そうできなかった点について改めてお詫びします。今回のことが、私にとっては重要な学びの過程になりました。再びこのような失敗を繰り返さないとお約束します。心からお詫びします」と明らかにした。

これに先立ち、スティーヴン・ユァンは自身の出演作である映画『Z Inc. ゼット・インク』を演出したジョー・リンチ監督の写真に「いいね!」を押した。該当の写真は、ジョー・リンチ監督が若いころに旭日旗で作った服を着ている写真だった。この問題は急速に広まった。

旭日旗は現在の海上自衛隊旗で、日本の軍国主義を代表する象徴だ。問題が大きくなると、スティーヴン・ユァンは韓国語と英語で謝罪文を掲載したが、この謝罪文を40分後に削除した。韓国語の謝罪文には「仲間の若いころの写真の中の象徴的イメージをしっかりと確認できず失敗を犯した。私の不注意で傷ついた方々にお詫びする。韓国の歴史の惨憺たる瞬間に関連したすべてのメッセージ、イメージを絶対に軽く扱ってはいない」と謝った。英語の謝罪文には「インターネット上での失敗が私のすべての考えと信念を決めつけていることに大きな悲しみを感じる」という内容だった。

「韓国広報専門家」として活動中の誠信(ソンシン)女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は、スティーヴン・ユァンの発言に関連し、最も大きな問題として「韓国語の謝罪と英語による謝罪が明らかに異なっていること」と鋭く指摘した。心からの反省が反映された謝罪ではなかったという説明だった。

結局、スティーヴン・ユァンは2回目の謝罪コメントを掲載しながら頭を下げて謝罪した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「旭日旗問題」スティーヴン・ユァン、2回目の謝罪 「自分の無知で傷つけてしまい申し訳ない」

    2018.05.14 07:53
    뉴스 메뉴 보기
    韓国系米国俳優スティーヴン・ユァン
    TOP