주요 기사 바로가기

<米朝首脳会談>トランプ-金正恩、6月12日にシンガポールで会談

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.05.11 06:44
0
ドナルド・トランプ米国大統領が、米朝首脳会談は来月12日にシンガポールで開催されると10日(現地時間)、明らかにした。トランプ大統領は、自身のツイッターを通じて「非常に期待される金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長と私の会談は、シンガポールで6月12日に開催される」と明らかにした後、「我々は双方共に、会談を世界の平和に向けた非常に特別な瞬間にするつもりだ」と明らかにした。

当初、トランプ大統領は、会談開催地として板門店(パンムンジョム)に大きな関心を示していたが、ホワイトハウスの参謀陣が強く引き止めたことでシンガポールになったという。ホワイトハウス参謀陣がシンガポールを最適な場所として推し進めた背景には、シンガポールが中立国として警護やメディア接近性などインフラ面で優れた環境を備えているとの判断に沿ったものだ。シンガポールは北朝鮮の立場からもなじみのある場所で、米国大使館だけでなく北朝鮮大使館もあり、北の外交官や高位官僚が個人的な外遊や健康診断のためによく訪れているといわれている。

これに関連して、青瓦台(チョンワデ、大統領府)の金宜謙(キム・ウィギョム)報道官は「来月12日にシンガポールで開催される米朝首脳会談の開催を歓迎する」とし「今回の首脳会談を通じて、韓半島(朝鮮半島)非核化と韓半島の恒久的平和の定着が成功裏かつ無事に安着するように祈る」という立場を明らかにした。

これに先立ち、トランプ大統領は、北朝鮮に抑留されていたがこの日解放された韓国系米国人3人を出迎えながら「(6月の)米朝首脳会談が非常に大きな成功を収めるだろうと信じている」とし「すごいことが起きるだろう」と述べた。これに先立ち、金委員長は、訪朝したマイク・ポンペオ米国務長官との会談で、米朝首脳会談に関連して「満足できる合意ができた」と述べ、このことを労働新聞など北朝鮮メディアが一斉に報じた。

トランプ大統領はこの日午前3時ごろ、軍用機でワシントン近郊のアンドルーズ空軍基地に到着したキム・ドンチョル牧師ら3人を迎えた後、「彼らを釈放した金正恩に感謝の気持ちを伝える」とし「我々(米国と北朝鮮)は新たな基盤の上からスタートしている」と述べた。トランプ大統領は、特に「私の最も誇らしい業績は、韓半島全体を非核化する時だ」としながら「誰も、我々がこの道にこのように速くやって来るとは考えもしなかった。我々が核兵器をなくすために勝利を手にするなら、それが本当の光栄だ」と強調した。今後、北朝鮮を訪問する用意があるかどうかを問う質問には「可能だ(It could happen)」と答えた。米朝首脳会談の展望を聞かれると、「金正恩が何かをしたいと考えていて、自分の国を『本当の世界』(real world)に導くことを望んでいるようだ」と述べた。

この日、北朝鮮労働新聞は、金委員長がポンペオ長官に会って「朝米首脳対面は、朝鮮半島の肯定的な情勢発展を追求し、素晴らしい未来を建設するための素晴らしい第一歩を踏み出す歴史的な会談になるだろう」と伝えた。ポンペオ長官も9日、日本の横田空軍基地で記者団と会い、金委員長との協議内容が「非常に生産的だった」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP