주요 기사 바로가기

韓経:外国人観光客減少…ソウルで「空き店舗」増える

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2018.04.26 09:01
0
消費心理が冷え込んで外国人観光客が減った影響で1-3月期のソウルの商店街空室率が前四半期に比べ上昇した。

韓国鑑定院が25日に明らかにしたところによると、1-3月期のソウル市内の大型商店街(3階以上、延べ面積330平方メートル以上)の空室率は7.7%、小規模商店街(2階以下、延べ面積330平方メートル以下)は3.7%となった。昨年10-12月期よりそれぞれ0.7ポイントと0.4ポイント上昇した。

永登浦(ヨンドゥンポ)と新村(シンチョン)一帯の中大型商店街は9.2%の空室率を示した。昨年10-12月期は7.7%で、1四半期で1.5ポイント上昇した。都心圏の中大型商店街は同じ期間に4.4%から4.6%に、江南(カンナム)圏は7.3%から7.5%に空き店舗が増えた。江南圏の小規模商店街は昨年10-12月期に2.0%にすぎなかったが今年1-3月期には4.7%と調査された。

消費心理の冷え込みと観光客の減少により売り上げが減り賃借料に耐えられなくなった店舗主が多いためだ。

慶熙(キョンヒ)大学入口、梨泰院(イテウォン)駅、新沙(シンサ)駅、新村(シンチョン)で空室が特に増えた。新沙駅一帯は中国人観客需要が減って廃業する店舗が増えたことが空室率を高めた。梨泰院は竜山(ヨンサン)米軍基地が移転したことで外国人訪問客も減る傾向だ。

韓国鑑定院関係者は「外国人観光客が減少した影響が商店街の空室につながった。賃貸料上昇により商売をたたむ創業者が多くなったことが主な理由」と話した。消費者心理指数は昨年11月から5カ月連続で下落している。今月の消費者心理指数は107.1で先月より1ポイント下がった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP